高齢者支援センターなどと称する事業者にご注意!

掲載日:2018年3月18日

公的機関を連想させる「高齢者支援センター」などと称する事業者から個人情報の取消しをもちかけられて、最終的には現金を宅配便で送付させる手口に係る相談が、各地の消費生活センター等に寄せられており消費者庁が調査したところ、消費者の利益を不当に害するおそれのある行為(消費者を欺き、又は威迫して困惑させること)を確認したため、消費者の皆様に注意を呼び掛けていますので、お知らせします。

ご注意いただきたいこと 

公的機関を連想させる「高齢者支援センター」などと称する事業者から「個人情報が漏れて、別の団体等に登録されています。個人情報の登録を取消してあげます。個人情報の登録の取消しには、別の人を登録する必要があります。」と言われても応じないようにしましょう。

公的機関を連想させる「高齢者支援センター」などと称する事業者から「あなたの名前を使わせてください。あなたの登録番号を教えてください。」と言われても応じないようにしましょう。

あなたの資産(金融機関の名称、口座番号、預金残高など)を電話で聞かれても応じないようにしましょう。

詳細については、消費者庁のプレスリリース[PDFファイル/825KB]をご覧ください。

注意 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる