4月より電力小売全面自由化スタート!―まずはしっかりチェック!/よくある5つの誤解―

掲載日:2018年3月18日

平成28年4月から、電気の小売事業について、一般消費者向けの小売を含め、全面的に自由化されます。この電力小売全面自由化にあたり、特に一般消費者の方々向けに、事業者を選択する際に「まず確認すべきポイント」や、「よくある誤解」についての注意事項を消費者庁が公表していますので、お知らせします。

消費者庁プレスリリース
電力自由化に関する注意喚起-まずはしっかりチェック [PDFファイル/228KB]
電力自由化に関する注意喚起-よくある5つの誤解 [PDFファイル/216KB]
電力小売全面自由化に関する注意喚起-便乗した機器等の勧誘に注意[PDFファイル/524 KB]

ご注意いただきたいこと

 ◆「電気代が今よりも安くなる」、「ポイントがつく」などの勧誘を受けた際には、ただ「安い」からと言ってすぐに契約せず、どのような条件で安くなっているのかをよく確認しましょう。
契約の内容によっては、契約期間内に解約する場合は解約料が発生したり、セット契約の場合は一方の契約を解約するとセット料金が適用されなくなるなど、思わぬ支払いが発生することがあります。
経済産業省の電力取引監視等委員会では契約を結ぶ際のトラブル等の相談窓口※を設置しています。
少しでも疑問や不安を感じた場合には、お近くの消費生活相談窓口までご相談ください。
消費者ホットライン「188(いやや!)」に掛けると、お近くの消費生活相談窓口をご案内いたします。
詳しくは、消費者庁のホームページをご覧ください。また、国民生活センターのホームページでもお知らせしておりますのでご覧ください。
※電力取引監視等委員会相談窓口 TEL:03-3501-5725 (受付時間 9:30-12:00、13:00-18:30〈平日のみ〉)

にやんきち  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる