自宅に訪れた業者から、大量の味噌を買ったがクーリング・オフしたい

掲載日:2018年3月18日
相談多い年代一般・若者、シニア
販売方法別訪問販売
商品・サービス別食料品
関連キーワード大量購入、クーリング・オフ

相談内容

エレベーターのないマンション5階に住む一人暮らしの高齢者。自宅に男性が味噌の販売に訪れ、見本の味噌を味見するとおいしかったし、日頃重い味噌を持って階段を上がるのが大変だったことから味噌を購入することにし、一人だから一番小さいのを希望した。業者は車に商品を取りに行き、これが小さな樽と持ってきたのが8キロ入りで価格は3万円という。高額だし、こんなに大量に必要ないと断ったが、業者は味噌は日持ちするからと応じず、怖くなって代金を払ってしまった。しかし、こんな大量に使い切れないし、高すぎるのでクーリング・オフしたい。自分では重いので返しにも行けない。

アドバイス

訪問販売による味噌の相談に関しては、小さい子どものいる家庭の主婦や高齢者など、日頃家に居ることが多く、重い商品を買うのが大変な消費者から、「強引に買わされた」、「量が多い」、「高額だ」などの相談が寄せられています。
訪問販売の場合、契約書面を受け取った日から8日間以内であればクーリング・オフが可能となります。契約書面を受け取っていなかったり、契約書面に法律で定められた事項が記載されていなかった場合は、8日間を経過していてもクーリング・オフできます。

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188