敷金が戻らないが・・・

掲載日:2020年1月6日
相談多い年代 一般・若者、シニア
販売方法別 一般
商品・サービス別 アパート
関連キーワード 敷金返金、原状回復

相談内容

新築賃貸アパートに入居していた。きれいに住んでいたので、入居時に支払った敷金は全額返金されるものと考えていた。ところが、業者はルームクリーニング、壁紙の張替え費用を請求し、敷金だけでは不足するとして追加費用を求められた。注意して使ってきたのに、なぜ支払わなければならないのか納得できない。

アドバイス

敷金とは、アパートや住宅を借りるときに、家賃の滞納や損害が生じたときに備えて、賃貸人(家主)に預ける保証金です。賃借人(借主)の家賃の未払いや、故意による破損に対する補修費用があった場合には、これらを差し引いて返還されることになります。

国土交通省が示した「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では、原状回復を「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義し、その費用は賃借人負担としました。そして、いわゆる経年変化、通常の使用による損耗等の修繕費用は、賃料に含まれるものとしました。このように原状回復は、賃借人が借りた当時の状態に戻すことではないことを「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では一般的な基準としています。

補修費用に関して、貸主からの請求に納得がいかない場合は、貸主に請求の明細を求めて十分話し合いましょう。また、こうしたトラブルを防止するために、入居時に部屋の状況を貸主立会いで確認し、部屋の写真を撮っておくことをお勧めします。さらに契約書の内容、特約事項を確認し、納得してから契約を交わすとよいでしょう。

(関連リンク)
 「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」 国土交通省
 「不動産のQ&A」 一般財団法人 不動産適正取引推進機構
 「不動産トラブル事例データベース」一般財団法人 不動産適正取引推進機構 

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa