海が見える部屋と注文したパッケージツアー、海がほとんど見えずショック!

掲載日:2020年1月6日
相談多い年代 一般・若者、シニア
販売方法別 店舗購入
商品・サービス別 旅行
関連キーワード 虚偽説明、パッケージツアー、景色

相談内容

初めてのハワイ旅行なので、海の見える高級ホテルの部屋に泊まれるパッケージツアーを申し込んだ。それなのに、実際ホテルにいってみると、ベランダに出て、ようやくビルの隙間から海がチラッと見えただけだった。あまりのショックで、もう二度と海外旅行には行きたくない。(70歳代女性)

処理結果

相談者は旅行会社営業所で、申込時に「海が見える部屋」という希望を出して申込んだ結果、旅行会社側から提示されたのがこのツアーであった。パンフレットのツアー名、ホテルの説明文にも「パーシャルオーシャンビュー」という言葉が使用されており、表示と実態との相違はないが、海外旅行は初めてであり、海の見える部屋を希望する旅行者に、部屋から見える眺望について十分な説明がされておらず、対応・説明方法に問題があるとして、消費生活センターが旅行会社と交渉した。

結果、同社の旅行業約款上、募集型企画旅行(パッケージツアー)について、旅行開始後に「客室の条件の変更」があった場合の変更補償金が旅行代金の2パーセントとされているのを勘案した額を返金することで決着した。

アドバイス

ツアーを申し込む前には、パンフレット等に記載の情報を確認した上で、疑問があれば事業者のツアー担当者に質問する等、事前にツアーの内容をしっかりと確認しましょう。

ツアーの内容が、事前に説明されていたものと異なる等で事業者とトラブルになった場合には、地元の消費生活センターへご相談ください。

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa