自宅で1週間のお試しと勧められ、浄水器の契約をしたが解約したい。

掲載日:2020年1月6日
相談多い年代 一般・若者、シニア
販売方法別 訪問販売
商品・サービス別 住居品
関連キーワード 無料商法、お試し

相談内容

「浄水器の1週間の無料キャンペーン中、お試ししませんか」と電話があり、業者が自宅に来訪した。野菜を水道水と浄水器の水で洗って食べ比べてみたり、水道水には塩素が入っていると実験を見せられた。熱心な勧誘に根負けして契約してしまったが、後で考えると無料キャンペーンと言われ話を聞くつもりだけだった。高額でもあり解約したい。

アドバイス

この販売方法は、特定商取引法の訪問販売にあたり、訪問販売の場合は契約書面を受け取ってから8日間以内であれば使用の有無にかかわらず、クーリング・オフが可能です。 訪問販売では、業者は勧誘に先立って、業者名、販売しようとする商品、販売を目的としていることを最初に告げることが義務づけられており、最初に電話を架けてきた時に浄水器の販売であることを告げていなければ違反となります。また、効能効果について誤解を生じるような説明を行うことは、不実告知(事実でないことを告げること)にあたる可能性があります。 浄水器に関心がある場合でも、無料やお試しに惑わされず、商品の特性を十分理解した上で、店頭の商品などと比較した上で購入するようにしましょう。

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa