和牛預託商法の二次被害について

掲載日:2020年1月6日
相談多い年代 シニア
販売方法別 利殖商法、二次被害
商品・サービス別 ファンド型投資商品
関連キーワード 被害金、オーナー

和牛預託商法被害の回復を謳った電話勧誘に関する苦情相談が複数寄せられています。

「和牛預託商法」(高額の配当が出るなどとうたって和牛オーナーを募る商法)の被害者に対し、「被害金を取り戻せる」と話を持ちかけ、何らかの費用を請求するなどの二次被害が疑われる相談が最近多く寄せられています。

事例1

証券会社を名乗り預託金の返還手続きを代行するので、今、この場で返金請求できると言われたケース。

事例2

和牛預託契約をした会社から「明日破産する。分配金は100万円につき3,760円。ただし手続きをすれば全額返金された人もいる。自分たちは、逮捕された社長や役員のバックにいて、いろいろと動いている。」との電話があった。手続きについて、いわれた電話番号にかけたところ「明日までに指定講座に80万円振込み、その控えと保険証の写しをFAXするように」と急がされたケース。

アドバイス

和牛預託契約をした会社から「明日破産する。分配金は100万円につき3,760円。ただし手続きをすれば全額返金された人もいる。自分たちは、逮捕された社長や役員のバックにいて、いろいろと動いている。」との電話があった。手続きについて、いわれた電話番号にかけたところ「明日までに指定講座に80万円振込み、その控えと保険証の写しをFAXするように」と急がされたケース。

過去の被害が取り戻せるといった電話があっても安易に信じてはいけません。実際に存在する制度が判断に迷う場合は、まず消費生活センターにご相談ください。

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188

参考リンク

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa