紳士録の案内が届き、継続しないと回答したが、購読の請求書が送付された。

掲載日:2020年1月6日
相談多い年代 一般・若者、シニア
販売方法別 二次被害
商品・サービス別 紳士録
関連キーワード 紳士録
 

相談内容

紳士録の予約確認書が自宅に郵送されたので、「購読継続しない」に印をつけ返送した。後日、紳士録代10万円、掲載料15万円の請求書が届いた。自分が返送した書類のコピーが同封されていて、裏面に「次回以降購読いたしません」という文面になっていた。今回についても購入する意思はなく、断ったつもりだったが、返送するときに裏面に予約申込契約事項の記載があったことには気が付かなかった。支払わなければいけないのだろうか。

アドバイス

過去に紳士録を掲載した人に対しての二次被害についての相談が寄せられており、流通している紳士録から情報を得ての勧誘の可能性があります。送られた書類に購読希望なしと回答したにも関わらず請求書が届いており、送付された当初から裏面に「次回以降」の記載があったかどうかは不明です。しかしながら、消費者に購読継続の意思はないことから、「継続の意思はない」ことをハガキに明記し両面をコピーし保管した上で、簡易書留や特定記録郵便等、配達されたことが証明できる郵便で業者に通知しましょう。仮に業者から連絡があっても、契約意思がない旨を明確に伝え、それ以上は関わらないようにしましょう。

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa