外国の宝くじが当たったとの封書が届いた。日本語で書いてあるが信用できるか。

掲載日:2020年1月6日
相談多い年代 一般・若者、シニア
販売方法別 当選商法
商品・サービス別 宝くじ
関連キーワード 海外宝くじ、当選、法律違反

相談内容

外観から外国郵便に思える封書が届き、内容の書面には外国の宝くじの高額な金額が当選したので、参加申込書にクレジットカードの番号などの必要事項を記入し、返送するよう書いてあった。自分では何も申し込んだことがないので、宝くじに当たるとも思えず、何のことだかよく分からない。

アドバイス

届いた文面は、一見宝くじに当選したかのようになっていましたが、よく読むと海外宝くじの申込みの代行の勧誘であって、海外宝くじの購入費をクレジットカードから引き落とすシステムになっていました。しかも申し込み先の事業者が本当に宝くじを購入するのかも確認できないものでした。 

日本国内で海外宝くじを売買することは刑法187条で禁止されており、知らずに申し込むと消費者が気が付かないうちに法律違反を犯すおそれもあります。また、クレジットカード番号など個人情報も流失することになりかねません。
こうしたうまい話が一方的に飛び込んでくることはありません。海外宝くじのダイレクトメールが届いても、無視することが肝要です。

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa