通信販売で購入したカーテンが、雰囲気と合わないのでクーリング・オフしたい

掲載日:2020年1月6日
相談多い年代 一般・若者、シニア
販売方法別 通信販売
商品・サービス別 住居品
関連キーワード 通信販売、返品

相談内容

カタログを見て注文する通信販売で、子ども部屋のカーテンを注文したが、部屋の雰囲気に合わず、子どもも気に入らないのでクーリング・オフしたい。

アドバイス

通信販売の場合は、消費者がカタログ等により商品選択する時間を十分確保した上で、自らの意思で契約申込みを行うものですから、通信販売そのものは特定商取引法で規制されていますが、クーリング・オフの適用はありませんので注意が必要です。 クーリング・オフでの返品はできませんが、返品特約による返品が可能かどうかを確認する必要があります。特定商取引法では、通信販売に関して返品可能な場合はその特約の内容、返品できないのであればそのことを広告に表示しなければならないとされています。この返品特約があれば、特約にしたがって返品することになります。返品の可否・条件を表示していない場合には、商品を受け取った日から8日間は解約・返品することができますが、返品のための送料は消費者負担になります。

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa