チラシ配布員の仕事をするためには登録料等が必要と言われた。

掲載日:2020年1月6日
相談多い年代 一般・若者
販売方法別 業務提供誘引販売取引
商品・サービス別 チラシ配布
関連キーワード 内職商法、登録料

相談内容

「簡単な仕事、チラシ配布」という広告を見て説明会に行ったところ、仕事を始める前に登録事務手数料が必要であり、加えて配布するチラシを購入しなければならないことが分かった。自分が配布したチラシを見て商品を購入した人がいた場合に、購入代金についての歩合が自分の収入になるというシステム。仕事がしたかったので求められた費用は払ったが、家に戻って考えてみると収入を得るために先に費用負担があるのは納得いかないので解約したい。

アドバイス

仕事をするために登録料、チラシ代が必要だとして、高額な商品を購入させる販売方法は内職商法と呼ばれ、特定商取引法の業務提供誘引販売取引として規制されています。簡単に収入が得られると説明されますが、仕事を始めるにはチラシ等の商品を購入する必要があり、実際に仕事をしても勧誘時に説明された収入を得ることができない、チラシ購入の費用負担が回収できないというトラブルが発生しています。 業務提供誘引販売については書面交付の義務付け、虚偽説明や誇大広告の禁止を規定しています。クーリング・オフ期間は20日間であり、契約書面を受け取ってから20日間以内であればクーリング・オフが可能です。

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa