紙ふぶきを製作する内職を契約したいと思ったが

掲載日:2020年1月6日
相談多い年代 一般・若者
販売方法別 業務提供誘引販売取引
商品・サービス別 商品一般
関連キーワード 登録料、内職商法

相談内容

折り込み広告で見て連絡したら、申込書が送られてきた。その中には、事前に材料と業務管理費で登録料3万円を払い込むことが必要であるとのこと。登録後、B5の紙が500枚送られ、それを三角に切って紙ふぶきにすると1枚120円で計6万円の収入になるという。契約しても大丈夫か。

処理結果

センターでは特定の業者の信用性については言及できないが、一般的に初期投資をして始める内職商法の場合は、その投資額を回収できないとの相談が寄せられている。また、内職して製作した商品を業者に納品した際に、指示通りではないなどと言われるなど、評価が厳しく行われる場合も多く、結局期待された収入が得られないなどの、内職商法の一般的な苦情相談事例を紹介し、よく検討してから契約するよう助言をした。

アドバイス

紙ふぶき製作に関しては、1組500枚の紙が送られてきたが、予想よりも枚数が多くてやめたいとか、報酬の支払いは10組が完成してからと言われたなどの相談も寄せられています。

内職、在宅ワークの仕事は魅力的ですが、契約すれば仕事を紹介すると言われて、実際には高額な内職材料や、仕事をするための機械、教材などを売りつけられ、予定していた収入には結びつかず、クレジット契約の支払いだけが残るなどの相談が多く寄せられています。よく検討してから契約するようにしてください。

また、材料や機械、教材などの販売が伴う内職の場合は、「業務提供誘引販売」という取引行為で、特定商取引法の規制の対象となり、クーリング・オフ期間が20日間と定められています。被害にあったと思った時には、すぐにお近くの消費生活相談窓口にご相談ください。

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa