マルチ商法に関する相談が寄せられました

掲載日:2018年3月18日
相談多い年代一般・若者
販売方法別マルチ商法
商品・サービス別商品一般
関連キーワードネットワークビジネス、儲かる、説明会

相談内容

「53万円支払って加入すれば、月々8万円の収入が入る」と知人に勧誘され、インターネットゲーム作成組織への加入契約を結んだ。
家に書類やコンピュータソフトが届いたが、内容はよくわからないし、2か月経っても3か月経っても月8万円の配当がない。ソフトは開封済みだが使用していないので、解約・返品したい。

アドバイス

この契約はマルチ商法と思われます。マルチ商法では、さも儲かるよう誘われて、入会金や商品代を払い組織に加入させられます。また「儲かった」という体験者の話ばかりの説明会に誘われる時もあります。しかし、勧誘時の成功話と違って、新会員を獲得できなかったり、売れない商品を抱え込むことも多く、問題ある商法のひとつで「ネットワークビジネス」と称している場合もあります。この事業者の場合は、説明会に手話通訳者を用意するなど、聴覚障害者をターゲットにしていました。誘うことにより親戚や友人関係を壊すことにもなりかねませんので気をつけてください。

マルチ商法で取り扱う商品は、健康食品、化粧品、浄水器、衣類などで、カタログを配布して商品を買わせるなどの事例もありますが、最近、増えているのは、インターネットビジネスもどきのもので、商品が具体的なものとして見えないものもあります。「エンターテイメントサイトを開設する権利」とか「アフィリエイト」というホームページ上の広告掲載によって収入を謳うものなどのマルチ商法の苦情相談も寄せられています。

マルチ商法とわかったら、最初から、説明会などには行かないことです。

この相談者たちの場合は、解約のための連絡をとっているところですが、契約解除が困難な相談も多く寄せられています。その場で契約することなくまわりの人に相談するなど慎重に検討しましょう。

契約書面か商品を受け取った日から20日間以内ならクーリング・オフできます。

クーリング・オフ期間を過ぎてしまっても、商品取扱上の一定の条件のもとでは、解約することもできます。

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa