無料着付講習会があると電話で誘われ、入会契約をしたが、解約したい。

掲載日:2020年1月6日
相談多い年代 一般・若者、シニア
販売方法別 講習会商法
商品・サービス別 着付け、着物
関連キーワード 無料講習会

相談内容

誘われた講習会の教室に出向くと、生徒は自分一人だけで一番奥の部屋に通され、マンツーマンで指導を受けた。受講後、強引に着付教室の受講を勧められた。入会には入会金、授業料の他、着物等の教材費が必要といわれ計約70万円にもなり、とても高額で払えないと断っているのに、複数の社員に囲まれて契約しなければ帰れない雰囲気になり仕方なく契約書に記入した。支払いはクレジット払いと言われ、その場で信販会社から契約を行ったかの確認の電話もあった。帰宅後、冷静になって考えるとこの契約に納得いかないので、解約したい。

アドバイス

無料の講習会があると電話で呼び出されて、教室に出向き、結果的に高額な商品等を契約させる販売方法は講習会商法と呼ばれています。特定商取引法の訪問販売に該当し、業者には勧誘に先立って、業者名、販売しようとする商品、販売を目的としていることを最初に告げることが義務づけられています。この事案では、無料の講習会は単なる口実で着物を販売することが主な目的と思われ、消費者に初めに電話をした際に講習会の際に着物の販売であることを告げていなければ違反となります。訪問販売の場合は、契約書面を受け取ってから8日間以内であれば違反行為がなくてもクーリング・オフが可能です。

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa