「見るだけでいいから」と展示会に誘われて……(展示会商法)

掲載日:2020年1月6日
相談多い年代 一般・若者、シニア
販売方法別 展示会商法
商品・サービス別 着物
関連キーワード 展示会商法、見るだけ

相談内容

1度見に行っただけの着物店から着物の展示会に誘われた。何度も断ったが「買わなくても見るだけでいいから」と言われ、当日は自宅まで車で迎えに来て、ホテルの会場まで連れて行ってくれた。食事の後、着物を見せられ「買うつもりはない」と断っていたが、何人もの営業員に囲まれて勧められ、買わないと帰りに送ってもらえない様子で、また他のお客も次々と高価な商品の契約をしていたことから、自分も雰囲気にのまれてしまい、高額な着物の契約をしてしまった。しかし、家に戻って考えると、必要もないものであり支払いも大変なので解約したい。

アドバイス

「展示会があるから見に来ないか」と店舗ではない別の場所で着物やアクセサリーの契約を勧められる販売方法は展示会商法と呼ばれています。展示会場はホテルやイベント会場の会議室などを使用し、通常の店舗のように顧客が自由に出入りできる空間ではなく、営業担当者が客にそれぞれ付くなど、一度連れ込まれてしまうと契約するまで帰れない状況に追い込まれてしまいます。また、展示会で一回契約してしまうと、その後も繰り返し電話や郵便で展示会の案内をされ、断りきれずに何度も契約してしまい、支払困難になる場合も生じています。特定商取引法の訪問販売に該当するケースもありますが、展示会が一定期間行われている場合等、解約することが難しい可能性もあります。契約直後であればクーリング・オフを自主的に設けている事業者もありますので、まず納得できなければクーリング・オフをしてみることがポイントです。展示会に誘われても「見るだけ」という気軽な気持ちで参加することは慎重に行動すべきです。

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa