街で声をかけられて……(キャッチセールス)

掲載日:2020年1月6日
相談多い年代 中高生、一般・若者
販売方法別 キャッチセールス
商品・サービス別 エステ
関連キーワード 無料体験、キャッチセールス

相談内容

街を歩いていると「エステの無料体験をしてアンケートに協力してもらえませんか」と声をかけられ、近くのサロンに連れて行かれた。美容エステを体験していると、あなたの化粧品は体質に合っていない、このままだと肌によくないと長時間にわたり説明され、高額な化粧品セットを勧められ、断りきれずに契約してしまった。無料のエステの特典が付くなどと説得されたが、後でよく考えると自分は学生で収入がないから支払えないし、必要ないので解約したい。

アドバイス

繁華街で販売目的を隠して、アンケートに協力してなどと言葉巧みに営業所やエステサロンに連れて行き、商品やサービスの契約をさせる販売方法は、キャッチセールスと呼ばれています。一旦店に行くと、営業員に長時間にわたり囲まれて、契約するまで帰れない状況になる可能性があります。この販売方法は、特定商取引法の訪問販売に該当し、業者には勧誘に先立って、業者名、販売しようとする商品、販売を目的としていることを最初に告げることが義務づけられています。今回のように、化粧品の販売が目的であるのに、これを隠して勧誘することや長時間勧誘することは違反になります。 訪問販売の場合は、契約書面を受け取ってから8日間以内であれば違反行為がなくてもクーリング・オフができます。契約した化粧品は、未使用分についてはクーリング・オフが可能であり、使用分のみ支払うことになります。 学生の場合、仮にアルバイトをしたとしても収入が不安定であり、長期にクレジットで代金を払い続けることは大変なことです。契約をする前に、支払いが可能かどうかもよく考え、また必要のない誘いはきっぱりと断るようにしましょう。

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa