テレビのアンテナが曲がっていると訪れた業者と屋根工事を契約した

掲載日:2020年1月6日
相談多い年代 一般・若者、シニア
販売方法別 訪問販売
商品・サービス別 工事・建築
関連キーワード 点検商法、リフォーム工事

相談内容

「お宅のアンテナが曲がっている、近所に工事に来たついでに見てあげよう」と突然訪れた業者がアンテナを直すために屋根に登ったところ、屋根に不具合があると屋根の写真を見せて修復工事を勧めた。自分は高齢で屋根に登れないので、修理個所を確認できなかったが雨漏りでもすると困ると思って契約することとした。すると業者は足場を組むついでに外壁工事も一緒にした方が別に工事するより安く済むと熱心に勧めるので、熱意に負けて外壁も契約してしまった。これから工事だが、高額であり、元々予定していなかった工事なので解約したい。

アドバイス

自宅に訪問を受け、屋根工事や外壁工事の契約を行うことは特定商取引法の訪問販売にあたります。訪問販売の場合は、契約書面を受け取ってから8日間以内であればクーリング・オフができます。仮に工事を行っていてもクーリング・オフは可能です。 訪問販売では、業者は勧誘に先立って、業者名、販売しようとする商品、販売を目的としていることを最初に告げることが義務づけられています。リフォーム工事が販売目的であるのに、それを告げないで勧誘することは違反となります。 屋根や外壁工事などのリフォーム工事は、金額が高額となります。リフォームの必要がある場合は、突然来た業者の勧められるままに契約することなく、知り合いや近所の評判など参考にしながら、何社かに見積もりを取って慎重に業者選びをすることが大切です。こうした契約は一人で判断せず、家族や近所の人に相談するなど、じっくり考えて行いましょう。

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa