携帯電話に簡易メールで総合情報サイトの利用料が未払いと請求が来た

掲載日:2020年1月6日
相談多い年代 中高生、一般・若者、シニア
販売方法別 架空請求
商品・サービス別 通信
関連キーワード 延滞料金、身に覚えがない

相談内容

携帯電話に、「総合情報サイトの退会手続きがとられておらず、登録料・延滞料金が発生している。未払いで放置すると、身元調査の上、自宅、職場への回収に着手する。至急連絡するように」とのショートメールが届いたが、サイトを利用した覚えは全くない。

処理結果

ハガキや封書による不当請求や架空請求に関する相談は依然として多いものの、最近では、携帯電話の簡易メール(携帯電話番号あてに送るメール)を使っての請求が増えており、当センターには、年代・性別に関係なく相談が寄せられています。相談者は、請求されたサイトについて全く利用した覚えがないとのことなので、次のような助言をしました。

アドバイス

無作為に携帯電話番号へ送信していると思われますが、請求に心当たりがないのであれば、支払う義務はありません。無視してください。
携帯電話番号に一方的にメールが送られてきただけでは、相手方は、相談者の住所、氏名、勤務先などはわかっていません。不用意に請求元へ連絡をすると、高額な料金の支払を要求されたり、相手に知られていない個人情報まで聞き出される危険性がありますので、連絡しないようにしましょう。
また、迷惑メール受信拒否の手続きをすることをお勧めします。
もし請求元から携帯電話などに直接請求を受けた場合には、「身に覚えがない」として、毅然とした態度で断りましょう。万一脅迫めいた請求があった場合には、警察などに相談しましょう。

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa