高額賞金獲得!海外からのダイレクトメールにご注意!!

掲載日:2021年2月19日
相談多い年代 一般・若者、シニア
販売方法別 当選商法
商品・サービス別 宝くじ
関連キーワード 海外宝くじ、当選、ダイレクトメール

相談内容

海外宝くじ賞金獲得の権利を得たという封書が海外から届いた。2000円支払えば参加できるらしいが、今まで申し込んだ覚えはないのにどうして自分の住所や名前を知っているのか。

400万ドルが当選すると誤解させるような内容だが、よく読むと当選する可能性があると書かれている。申込金は500円と低額だが、生年月日等の個人情報を記載するところがある。以前同種のものに申し込んだことがあるが、関連はわからない。このまま無視をし、放置していいか。

9450万円の当選小切手及び宝石入りブレスレットを受け取る権利があるというエアメールが届いた。名前が随所に記載されあたかも自分だけに連絡してきたかのような書面が入っていた。当選したというのに、3000円を封筒に入れて送るかクレジットカード決済するかの記入表がある。信用できる会社か。

対応

「海外宝くじ」の購入を勧めるダイレクトメールが届いて困惑しているという相談が、寄せられています。

「十数億円の当選のチャンスがある」「数日以内に申込書を書いて、1回分の料金を同封する」もしくは「クレジットカード番号を記載して送り返す」などと内容はさまざまですが、高額な賞金が当たったかのように匂わせ、申込書を返送させようとしています。

いったん海外宝くじの購入をしてしまうと、解約しようとしても海外に住所がある事業者とは連絡を取れない場合が多く、解約交渉は極めて困難になります。
このようなダイレクトメールが届いても無視をしてください。

理由は

たとえ購入契約をしたとしても、代行業者が本当に海外宝くじを購入しているか調べようがありません。

クレジットカード番号を教えてしまうと毎月料金が引き落とされてしまうこともあります。

そもそも日本国内で海外宝くじの購入申し込みすること自体、法律(刑法第187条)に違反する恐れがあります。
(刑法)
第187条 富くじを発売した者は、2年以下の懲役又は150万円以下の罰金に処する。
2 富くじ発売の取次ぎをした者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。
3 前2項に規定するもののほか、富くじを授受した者は、20万円以下の罰金又は科料に処する。

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa