更新日:2022年3月17日

ここから本文です。

神奈川の塔

沖縄県摩文仁の丘にある神奈川の塔の御案内です。

 

topgaiyou02

神奈川の塔とは

南方諸地域で亡くなられた本県関係40,680名の戦没者を追悼し、平和を願うために、終戦20周年にあたる昭和40年11月26日に、本土唯一の激戦地であり、豊かな海の青と木々の緑が包み込む、沖縄本島摩文仁(まぶに)の丘に建設されました。

主要石材

異郷の地に眠る御礼よ安らかにとの願いを込め、慰霊碑には本県の西丹沢箒沢で産出された石英閃緑岩、真鶴町で産出された本小松石が用いられています。

「平和の水」

副碑から流れ出た「命の水」が「神奈川の塔」で結ばれ、そして平和祈念公園へ流れ、世界へつながる「平和の水」をイメージして作られました。

gaiyou01heiwa_no_mizu

神奈川の塔にかかる維持修繕

1度目の大規模改修工事

建立25年である平成2年に1度目の大規模改修工事を行いました。

迂回路と手すりの設置
休憩所の設置

2度目の大規模改修工事

建立50年である平成26年に2度目の大規模改修工事を行いました。

欠けたり傷ついた部分を補修
正面に続く石畳と塔本体の横にある副碑
劣化した休憩所、まだらとなってしまっていた植栽などの整備

 

「神奈川の塔」整備基金

大規模改修に当たっては平成25年に南方諸地域戦没者追悼沖縄「神奈川の塔」整備基金(別ウィンドウで開きます)を設置し、寄附金を募り、改修工事を行う際の資金として活用させていただきました

2度目の大規模改修工事後にいただいた寄附金は、神奈川の塔にかかる整備に必要な資金として活用させていただいております(写真は令和2年度に実施した石碑の特殊洗浄作業及び墨入れ作業後の写真)。

honhi_beforehonhi_after

kinenhi_beforekinenhi_afte

今後も、決して戦争の記憶を風化させることなく、戦争の悲惨さと平和の尊さを次世代に継承できるよう、あたたかい御支援をよろしくお願いします。

所在地

沖縄県糸満市摩文仁662-5(沖縄県営平和祈念公園(別ウィンドウで開きます)内)

交通案内

車を御利用の場合

那覇空港から30分程度

リーフレット(神奈川県ゆかりの戦没者追悼施設のご案内)

リーフレット下部に神奈川の塔の記載がございます(リーフレットのPDFは、下の画像をクリックいただくと御覧いただけます)。

神奈川県ゆかりの戦没者追悼施設のご案内(PDF:793KB)

敷地

1,534平方メートル(約465坪)

神奈川の塔の地図

 

関連リンク

財団法人沖縄県平和祈念財団のホームページ

 

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は福祉子どもみらい局 福祉部生活援護課です。