第52回神奈川県南方諸地域戦没者追悼式

掲載日:2018年5月1日

第52回神奈川県南方諸地域戦没者追悼式

平成28年11月26日土曜日に、沖縄県糸満市摩文仁の丘の「神奈川の塔」において、第52回神奈川県南方諸地域戦没者追悼式を実施いたしました。42名のご遺族の方々および神奈川・沖縄両県のご来賓の方々にご参列いただき、厳かに式典が執り行われました。

式典当日の様子

神奈川の塔 全景黒岩県知事の式辞

 

主な参列者

来賓等

神奈川県知事 黒岩 祐治

神奈川県議会議長 森 正明

神奈川県遺族会副会長 田邊 冨士雄

神奈川県議会厚生常任委員会委員長 てらさき 雄介

神奈川県市長会会長(秦野市長) 古谷 義幸

神奈川県町村会副会長(湯河原町長) 冨田 幸宏 

神奈川県市議会議長会会長(大和市議会議長) 菊地 弘

沖縄県関係者

遺族

県内在住の南方諸地域で戦没された方のご遺族 42名

 

南方諸地域戦没者追悼式について

本県では、終戦20周年にあたる昭和40年の11月26日に、沖縄をはじめとする南方諸地域で戦火に倒れた方々を追悼し、世界の平和を願って、沖縄県糸満市摩文仁の丘に「神奈川の塔」を建立いたしました。以来、本県関係戦没者40,680名に哀悼の念を改めて表すとともに、平和への誓いを新たなものとするため、毎年11月26日に、この「神奈川の塔」において追悼式を行っています。