小田急電鉄、江ノ島電鉄と協働して「かながわプラごみゼロ宣言」の取組を行いました

掲載日:2018年10月4日

SDGs未来都市 クジラ

 

小田急電鉄株式会社と江ノ島電鉄株式会社は、平成30年9月22日に江の島エリアの海水浴場「片瀬海岸東浜」の美化清掃活動「2018 小田急・江ノ電クリーンキャンペーン」を開催しました。

当日は、本県がSDGsの推進に向け9月4日に発表した「かながわプラごみゼロ宣言」を参加者に周知し、特製缶バッチやステッカーを記念品として配布するとともに、プラスチック製ストローやレジ袋の利用廃止や回収への協力を呼びかけました。

開催概要

日時

平成30年9月22日(土曜日)11時から13時まで

会場 江の島エリアの海水浴場「片瀬海岸東浜」
主催 小田急電鉄株式会社、江ノ島電鉄株式会社

※神奈川県からは中島正信副知事をはじめ、県職員が参加しました。

2018 小田急・江ノ電クリーンキャンペーンについて

小田急電鉄では、沿線で人気の江の島海岸を美しく、安全に楽しむため、2000年から美化清掃活動を実施しています。2015年からは、江ノ島電鉄と合同で開催し、両社の社員と一般の方々が一緒に汗を流して清掃に取り組んでいます。今年は過去最高となる835名が、海岸に捨てられた紙くず・ビン・カンなどを拾いました。

  • 当日の模様

画像3  画像2

 

 目標14 海の豊かさを守ろう 目標12 つくる責任つかう責任 目標17 パートナーシップで目標を達成しよう 目標3 すべての人に健康と福祉を

 SDGsロゴ

開催結果

 

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる