「かながわアップサイクルコンソーシアム」発足会を開催します!

掲載日:2019年5月24日
2019年05月24日
記者発表資料

SDGs未来都市である神奈川県は、プラスチックや紙の代替素材となる「LIMEX」を製造・開発・販売する株式会社TBMと連携し、「かながわプラごみゼロ宣言」の推進など、SDGsが目指す持続可能な社会の実現に向けた取組を進めています。
このたび、LIMEX製品のアップサイクル実証事業として、「かながわアップサイクルコンソーシアム」発足会を開催しますのでお知らせします。

1 日時

令和元年5月29日(水曜日)13時30分~16時00分

2 場所

県庁本庁舎3階 大会議場

3 主催

神奈川県、株式会社TBM

4 参加者

行政、企業、団体 20者程度

5 プログラム(予定)

・黒岩知事挨拶

・株式会社TBM 山﨑代表取締役挨拶・LIMEX概要説明

・写真撮影(知事、山﨑社長、コンソーシアム参加者)

・株式会社TBM LIMEX紹介、事務局活動報告

・神奈川県 県のSDGsの取組とアップサイクルコンソーシアムについて

・取組事例紹介、パートナーディスカッション 等

6 取材受付

発足会は、黒岩知事挨拶から「県のSDGsの取組とアップサイクルコンソーシアムについて」まで取材いただけます。

当日受付で取材の旨をお伝えください。受付開始は13:00になります。

 

≪アップサイクルとは≫

アップサイクルとは、従来の使用済みの製品を素材に戻す、いわゆるリサイクルではなく、より付加価値の高い製品として循環する仕組みを指します。LIMEXの製品は、使用・回収・ペレット化・再製品化の過程を経て再利用されます。

 

≪「かながわアップサイクルコンソーシアム」とは≫

神奈川発のアップサイクルモデルを推進するため、行政・企業・団体等多様なパートナーの参加により「かながわアップサイクルコンソーシアム」を立ち上げます。各参加者は、LIMEX製品の使用・回収・ペレット化・再製品化のフェーズのうち1つ、または複数で役割を果たし、相互に連携します。

問合せ先

神奈川県政策局政策部

 政策調整担当課長

 船山
 電話 045-210-3051

神奈川県政策局政策部総合政策課

 連携推進グループ
 大橋
 電話 045-210-3068