大学発・政策提案制度体験談

掲載日:2018年12月3日

大学発・政策提案制度において、これまでに採択された大学の方からの体験談を掲載しています。

大学発・政策提案制度における採択事業が大きく発展する可能性

 数学が嫌いな人に少しでも数学を好きになってもらいたいと思い始めて以来、「嫌いな人ほどドキドキする数学」というタイトルの啓蒙活動をアニメと融合させて、これまでささやかにしてきました。この活動が本制度の事業として最優秀採択されたことは、最初の公的機関の評価として、極めて大きな影響がありました。その後に神奈川大学の2つの事業に立て続けに採択され、本事業が終了した現在でも県教育委員会に協力いただきアニメ制作を継続しております。これまでに制作したアニメはすでに10本を超え、神奈川大学公式YouTubeのトップ画面にある教育用アニメーションの再生リストから視聴することができます。アニメーターとの共同作業で、最初は手探りで制作していたアニメも、最新作ではようやく数学教育の専門家が絶賛してくれるレベルまでたどりつきました。今後も益々良い作品を作りたいと考えております。

平成27年度採択矢島先生写真

神奈川からはじめる「数学嫌い」を変える教育アニメーションの開発

神奈川大学工学部数学教室 教授 矢島 幸信 氏(談)

県政の実績と可能性を❛魅せる化❜することが本事業のポイントでした

 本提案事業「土木施設情報発信等推進事業Love Doboku KANAGAWA」は、県内土木施設を紹介するWEBサイトの構築とSNSによる情報発信を行い、インフラツーリズムの展開を図るものです。Phase1~Phase4の実施計画のもと、関連部局および外部団体のご協力により、無事、単年度によって達成されました。

 特に、カメラマンの指導による❛撮り土木講座❜、宮ケ瀬ダムなどを対象とした❛インフォグラフィックス❜、そごう横浜店にて実施した❛パネル展❜は、大学と関連部局とのシナジー効果とも考えています。

 専用WEBサイト「Love Doboku KANAGAWA」は現在も営業中ですので、是非とも訪問ください(「Love Doboku」だけで検索できます)。

平成28年度採択

【Love Doboku KANAGAWA】県内土木施設を紹介するWEBサイトの構築とSNSによる情報発信、およびこれを基盤とするインフラツーリズムの展開LDKポスター

東京都市大学 名誉教授 吉川 弘道 氏(談)