平成26年度の採択提案が決定しました(大学発・政策提案制度)

掲載日:2018年5月11日

平成26年度の実施状況(大学発・政策提案制度)

募集結果について

募集期間: 平成25年12月2日から平成26年5月30日

応募受付期間: 平成26年4月1日から5月30日

応募件数: 13件(10大学)

予備審査

公開コンペ対象件数: 5件(4大学)

(提案受付順)
提案者 提案名 提案の概要
小田原短期大学 子育て家庭の孤立予防のためのひろば全戸参加事業(赤ちゃんひろば事業)の開発

既存の乳児家庭全戸訪問事業を生かした孤立予防プログラムの開発・実施・普及

孤立予防のための交流の場となる「ひろば」の構築

グループワークの実施を通じた親の教育力の養

横浜国立大学 里地里山の保全効果に関する学際的研究

里地里山の有する多くの機能を生かしているかの観点から保全活動の効果を科学的に検証

県内里地里山保全等地域(10地域)を対象

大学の5つの研究部門でそれぞれの見地からデータ分析

横浜国立大学 統合的海洋管理に基づいた相模湾沿岸地域の持続的発展戦略に関する調査・研究

海辺地域の新たな価値創造についての政策提言

湘南海岸や相模湾に関わる諸問題の洗い出し、幅広い専門分野の有識者による政策提言

地元関係者との意見交換発表シンポジウムの開催

星槎大学 インクルーシブ・スポーツ(仮称)および人材養成プログラムに関する調査研究

県内障害者団体や家族会、高齢者スポーツ団体、地域のスポーツ団体を対象としたインクルーシブスポーツの実態・ニーズ調査

インクルーシブスポーツ普及手法の検討

インクルーシブスポーツに必要な人材育成プログラム開発

慶應義塾大学 ムスリム接遇人材育成プログラムの開発と実施-共生的モデルの構築とともに

ハラール認証制度によらない先進的なムスリム接遇等の提案

ムスリムおもてなしセミナー、理解講座、語学講座の実施

県産牛によるハラール肉の試験的生産

アラブ人学生歓迎プログラムの実施等を通じた相互理解の促進

公開コンペ

平成26年8月19日火曜日、県庁本庁舎3階 大会議場にて、今回応募があった13件の提案のうち、予備審査を通過した5件について公開コンペを実施し、採択提案が決定しました。

知事あいさつ プレゼンの様子(横浜国立大学)
知事あいさつ プレゼンの様子
質疑応答の様子 慶應義塾大学プレゼンの様子

審査委員による質疑の様子

さまざまなプレゼンテーションが行われました

表彰式

公開コンペに引き続いて表彰式を開催し、提案が採択された3大学を知事が表彰しました。

採択提案大学の皆さん

採択提案 (提案受付順) 
提案者 提案の名称
小田原短期大学 子育て家庭の孤立予防のためのひろば全戸参加事業(赤ちゃんひろば事業)の開発
横浜国立大学 里地里山の保全効果に関する学際的研究
慶應義塾大学 ムスリム接遇人材育成プログラムの開発と実施-共生的モデルの構築とともに【最優秀提案】