かながわ人生100歳時代ネットワーク

掲載日:2017年10月5日

県、市町村、大学、民間、NPO等が情報を共有し、協働して取組みを進めていくためのネットワーク

目的

「人生100歳時代」において、100歳を一つのゴールとして、そこから逆算して自分自身の人生の設計図を描き、一人ひとりが生涯にわたり輝き続けることができる社会を実現するため、新たな資格・スキルを学べる場や機会を「つくり」、また、活躍できる場に「つなげる」しくみを創出します。

構成員(平成29年10月5日現在 順不同)

  • 行政
    • 県、横浜市、相模原市、横須賀市、藤沢市、小田原市、茅ケ崎市、大和市、綾瀬市、三浦市、神奈川労働局
  • 大学
    • 東海大学、横浜国立大学、神奈川大学、関東学院大学、横浜市立大学、松陰大学、県立保健福祉大学、昭和音楽大学、星槎大学
  • 民間
    • 第一生命保険、横浜銀行、大塚製薬、タウンニュース社
  • NPO
    • ソーシャルコーディネートかながわ、NPOサポートちがさき、YUVEC、藤沢市民活動推進機構、さがみはら市民会議、YMCAコミュニティサポート
  • 団体
    • 神奈川県社会福祉協議会、神奈川県住宅供給公社、神奈川県経営者協会、神奈川県商工会議所連合会、神奈川県中小企業団体中央会、神奈川県商工会連合会、神奈川県シルバー人材センター連合会、プラチナ構想ネットワーク、UR都市機構
  • 有識者
    • 牧野 篤(東京大学大学院教育学研究科 教授、東京大学高齢社会総合研究機構 副機構長)
    • 前田 展弘(東京大学高齢社会総合研究機構 客員研究員、ニッセイ基礎研究所 主任研究員)
    • 澤岡 詩野(ダイヤ高齢社会研究財団 主任研究員)

主な取組内容

テーマ

しくみづくり
  • 社会参加
    シニアと活躍の場のマッチング、コミュニティの活性化
  • 働き方
    有償ボランティア(報酬が少しでももらえる働き方)の検討
  • 学び直し
    中高年齢者の学び直しの機会の拡大
普及啓発
  • 若い世代や現役世代に対する意識啓発

取組方法

  • ワーキング部会の設置、解決策の検討
  • 大学生のフィールドワークの活用
  • 中高年齢者を対象とした専門性の高いスキルを学ぶセミナーの開催
  • フォーラムやワークショップの開催

人生100歳時代を支えるネットワーク図

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019