「水源通行手形」をもって水源地へ遊びに行こう!

掲載日:2018年6月1日

手形をもって水源地へ遊びに行こう

 この事業は、水道を利用するお客さまに「手形」を持って水源地を訪れていただくことを通じて、水道利用者と水源地域の方々の交流が図られることと、様々な優待を受けられる提携施設をご利用いただくことによる水源地域の活性化を通じて、水源の保護・保全に貢献する目的で実施しています。

 平成24年度から横浜市水道局が開始し、平成25年度から神奈川県内の5水道事業体(神奈川県企業庁、横浜市水道局、川崎市上下水道局、横須賀市上下水道局、神奈川県内広域水道企業団)が連携して実施しており、今年で7回目を迎えました。手形

 

1 実施期間

 平成30年6月1日(金曜日)から12月31日(月曜日)まで                      

 

2 手形の配布期間

 平成30年6月1日(金曜日)から12月28日(金曜日)まで

 

3 実施内容

(1)優待

 手形配布場所等で受け取った「手形」を持って水源地を訪れ、各水源地の提携施設を利用する際に提示すると、

 施設利用料や宿泊料の割引など様々な優待が受けられます。

(2)スタンプ

 優待特典を受けると「手形」の裏面に各水源地の魅力をモチーフにしたスタンプを集めることができます。

 相模湖 津久井湖 丹沢湖 宮ケ瀬湖 道志川

  画像はイメージです。企画の内容は、予告なく変更となる場合があります。

(3)プレゼント

 集めたスタンプの数に応じて、水道事業体のキャラクターグッズや水源地の特産品などの記念品を抽選でプレゼントします。

 <応募期間>

 平成31年1月4日(金曜日)から1月31日(木曜日)(当日消印有効)まで

 案内チラシ [PDFファイル/1.87MB]

 案内チラシの画像

4 提携施設

 相模湖、津久井湖、丹沢湖、宮ヶ瀬湖周辺、道志村内の各エリアの施設

 提携施設のご案内 [PDFファイル/5.48MB]

5 手形の配布場所

 企業庁では、経営課や各水道営業所、各浄水場、水道水質センター、水道記念館にて手形を配布します。

 また、横浜市各所属、川崎市上下水道局サービス推進課・各営業センター、

 横須賀市上下水道局総務課、水源地域の観光案内施設等でも配布しています。

 【手形の配布場所】

神奈川県

横浜市内

横浜市市民情報センター

横浜市 各区役所

横浜市 各水道事務所

横浜水道記念館

神奈川県企業庁経営課窓口(県庁新庁舎10階)

川崎市内

川崎市上下水道局サービス推進課

川崎市上下水道局南部サービスセンター

川崎市上下水道局中部サービスセンター

川崎市上下水道局北部サービスセンター

横須賀市内

横須賀市上下水道局総務課

相模原市内

神奈川県企業庁の各水道営業所(相模原、相模原南、津久井)

谷ケ原浄水場

津久井観光協会津久井湖観光センター(緑区太井1274-2)

相模湖観光案内所(緑区与瀬1104-2)

藤野観光案内所(ふじのね)(緑区小渕1702-3)

鳥居原ふれあいの館(いえ)(緑区鳥屋1674)

清川村内

宮ヶ瀬水の郷観光案内所

(清川村宮ヶ瀬940-5)

その他の

地域

神奈川県企業庁の各水道営業所

(鎌倉、藤沢、茅ヶ崎、平塚、厚木、海老名、大和、箱根水道センター)

寒川浄水場、水道水質センター、水道記念館

山北町観光協会観光案内所(山北町山北1840-15)

愛川町観光協会観光案内所(愛川町半原5423)

山梨県

道志村

道の駅どうし(道志村9745)

湯川屋(月夜野49)

 

 

プレゼントの応募方法など、「水源通行手形」に関する詳細はこちら(横浜市水道局ウェブサイト)をご覧ください。

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる