神奈川県営水道問題協議会

掲載日:2018年3月22日

趣旨

 神奈川県営水道問題協議会は、水道事業経営計画およびその他水道事業に関する事項について協議し報告するために、平成15年2月25日に設置しました。

委員

(敬称略)任期3年

池田 昭義(社団法人日本水道協会経営アドバイザー)
黒川 和美(法政大学経済学部教授)
駒井 正晶(慶應義塾大学総合政策学部教授)
瀬古 美喜(慶應義塾大学経済学部教授)
井上 美代子(あやせくらしの会代表)
松本 りよ子(神奈川県政モニターOB会)
坪田 邦夫(東京電力株式会社神奈川支店営業部長)

報告書

 平成15年3月から平成17年8月までの2年半の間、14回に及ぶ検討を経て、平成17年9月に企業庁長に検討結果が報告されました。

神奈川県営水道問題協議会報告書(概要)(PDF:22KB)

  1. 県営水道の現状と課題
  2. 県営水道の今後のあり方

神奈川県営水道問題協議会報告書(本文)(PDF:867KB)

神奈川県営水道事業の運営について

第1章 神奈川県公営企業管理者からの諮問事項
第2章 水道事業を取り巻く全国的な状況
第3章 県営水道の現状と課題
第4章 県営水道の今後のあり方

 

企業庁のトップページ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。