おしごと体験! 漏水調査

掲載日:2018年6月28日

おしごと体験!漏水調査

県営水道の職員の仕事のひとつ「漏水(ろうすい)調査」を体験しませんか?

漏水(ろうすい)調査とは

水道水は、道路の下などにたくさんうめられている水道管を通って、浄水場から皆さまに届きます。
この水道管は、道路を走る自動車などの重さや振動で穴があいたり、古い水道管だと割れたり、つなぎ部分が抜けたりして水が漏れることがあります。これを漏水(ろうすい)と呼びます。
 
漏水すると、道路に穴があいたり、道路をぬらして滑りやすくしたりしてしまうことがあります。
それだけではなく、せっかく浄水場で作った水道水がムダになってしまいます。

これらのことを防ぐために行なうのが「漏水(ろうすい)調査」です。

カッピー漏水調査

 

体験してみよう!

職員は、特殊な道具で道路などに埋められている水道管の音を聞き分け、漏水している場所を探します。
実際に職員が漏水調査に使用している「音聴棒(おんちょうぼう)」や「漏水探知器(ろうすいたんちき)」などを使い、地面の下にある水道管から漏水している場所を見つけてみましょう!

開催日:平成30年7月27日金曜日 (※雨天中止)

開催時間:午前11時、午後1時30分、午後2時30分から 各回40分程度 (計3回開催)

参加受付:当日開催時間の30分前から水道記念館内で受付

定員:各回12名程度

対象:小・中学生とその保護者

開催場所:水道記念館(寒川町宮山4001)

水道記念館アクセス

参考の写真1参考の写真2

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる