神奈川県営水道についての意識調査等の結果(速報)
約8割の方が災害対策を今以上の水準で進める必要があると回答

掲載日:2020年2月4日
2020年02月04日
記者発表資料

企業庁では、県営水道利用者のニーズを把握し、事業運営に反映していくため、ご家庭と事業所の水使用に関する状況や、県営水道事業に関する意識等について調査を実施しました。この度、調査結果の速報を取りまとめましたのでお知らせします。

1 結果概要

(1)水道事業の現状について

  • お客さまの約7割が「安全・安心な水を届けている」と回答し、「県営水道を身近に感じる」及び「県営水道の仕事ぶりは丁寧である」についても肯定的なイメージを持つ
  • お客さま、事業所のそれぞれ約5割が現在の料金について適正と回答

(2)今後の水道事業の進め方について

  • お客さま、事業所のそれぞれ約8割が、今後の災害対策について今以上の水準で進める必要があると回答
  • お客さま、事業所のそれぞれ約8割が、100年に1回以上のペースにスピードアップして水道管を更新する必要があると回答
  • お客さまの約3割、事業所の約4割が、「水道料金が上がっても必要な更新・維持管理は行う」と回答

 ※詳細は 別紙1「主な調査結果」(02_suido_chousa_bessi)(PDF:432KB)参照
「お客さま意識調査の結果(速報)」及び「事業所調査の結果(速報)」については
下記URLよりご覧いただけます。
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/r4a/kensuiosirase/ishiki.html

 ※詳しい調査結果については、令和2年3月末までにとりまとめ、結果報告書をホー
ムページに掲載予定

2 調査概要

項 目 お客さま意識調査 事業所調査
調査対象

県営水道給水区域内在住の
満20歳以上の5,000人
(住民基本台帳からの層化無作為抽出)

県営水道給水区域内所在の
年間使用水量等が10,000立方メートル以上の
全事業所(921事業所)
調査方法 調査票を郵送で配布、
インターネット又は郵送で回答
調査票を郵送で配布及び回答
調査期間 令和元年11月18日~12月2日 令和元年11月18日~12月2日
回答結果 有効回答数 2,413件
(有効回答率 48.3%)
有効回答数 630件
(有効回答率 68.4%)
主な調査
内容
  • 県営水道についての意識
  • 水道水の使用状況、節水状況
  • 県営水道の事業についての意識
  • 上水道料金についての意識 等
  • 水の使用状況
  • 今後の水道水使用の見込み
  • 県営水道の事業についての意識
  • 上水道料金についての意識 等
お客さま意識調査・事業所調査の調査概要

 

問合せ先

神奈川県企業庁企業局水道部経営課

課長 永吉
電話 045-210-7210

経営企画グループ 早野
電話 045-210-7219

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。