神奈川県消防学校で消防職員初任教育「実科査閲・卒業式」を実施します
半年間の厳しい訓練を乗り越えた消防士の卵達が巣立ちます

掲載日:2019年9月19日
2019年09月19日
記者発表資料
(県政・厚木・大和・相模原記者クラブ同時発表)

消防士として採用された職員の誰もが必ず通る道、消防学校。横浜市を除く県内各消防本部から4月に入校した消防職員初任教育生は、半年間の厳しい訓練を経て消防士として必要な様々な知識、技術を身に付けてきました。神奈川県消防学校では半年間の訓練の成果を披露する「実科査閲」、各消防本部へ巣立つための「卒業式」を実施します。

1 実施日時

実科査閲

令和元年9月25日(水曜日)13時00分~16時00分

卒業式

令和元年9月30日(月曜日)13時00分~15時00分

 

2 場所

実科査閲

総合防災センター・消防学校 総合グラウンド(厚木市下津古久280番地)

卒業式

総合防災センター・消防学校 屋内訓練棟(体育館)

3 内容

実科査閲

開会式

観閲

訓練査閲(訓練礼式、消防活動訓練、救助活動訓練等)

閉会式

4 取材

当日の取材について

取材いただける場合は、下記問合せ先に前日までにご連絡ください。

(卒業式の場合は、9月27日(金曜日)まで)

問合せ先

神奈川県総合防災センター・消防学校 消防職員教育課

課長 志村

電話 046-227-0001