県内企業のベトナム工場が続々と開所!
「神奈川インダストリアルパーク事業」を活用し相次いで事業開始

掲載日:2019年1月17日
2019年01月17日
記者発表資料

県及び公益財団法人神奈川産業振興センター(KIP)は、「神奈川インダストリアルパーク事業」として、ベトナム社会主義共和国の4つの工業団地と連携し、県内中小企業のベトナム進出を支援しています。このたび、「神奈川インダストリアルパーク事業」で連携している工業団地に、県内企業4社が工場を設置し、それぞれ本格的に稼働開始しましたのでお知らせします。「神奈川インダストリアルパーク事業」を活用してベトナムへ進出した県内企業は、9社となります。

1 進出企業

(1)タカネ電機株式会社(川崎市中原区)

複写機、レーザービームプリンター、医療機器、放送機器、マイクログラフィックス、ファクシミリ等の電子部品の設計及び組立

(2)株式会社ファシリティ(相模原市中央区)

プリント基板製造設備等の製造・販売及び輸出入業務

(3)株式会社セーコウ(川崎市高津区)

OA機器関連商品の設計・製造・販売

(4)株式会社リード技研(川崎市多摩区)

精密プレス金型部品加工等

※進出企業の詳細については、参考資料1(PDF:407KB)をご覧ください。

2 神奈川インダストリアルパーク事業とは

県内中小企業の海外での生産拠点設置を支援するため、進出ニーズの高いベトナムにおいて、本事業で連携する工業団地に進出する県内企業に対し、県、KIP及び独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)等が進出の準備段階から操業後まで総合的にサポートするものです。進出する県内企業は、工業団地から賃料や管理費等の減免などの支援が受けられます。

※連携しているベトナムの工業団地については、参考資料2(PDF:44KB)をご覧ください。

 

問合せ先

神奈川県産業労働局産業部企業誘致・国際ビジネス課

課長 宮本 電話:045-210-5570

国際ビジネスグループ 脇坂 電話:045-210-5565

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。