令和元年度の城ケ島大橋機能保全工事(塗装工事)

掲載日:2020年2月4日

目次:

城ケ島大橋機能保全工事

城ケ島大橋は、建設(昭和35年:1960年竣工)から50年以上が経過して老朽化が進んでおり、平成22年度から、計画的な補修工事(「機能保全工事」と呼んでいます)を行なっています。 昨年度までで、鋼桁部の床版の交換、床版を支える鋼材の補修、PC桁部の断面修復、高欄の交換、一部舗装の打ち換え等が概ね完了し、今年度以降、残りの舗装の打ち換え、塗装の塗り替え工事を主に実施していく予定です。皆様には、長期間にわたり、交通規制等でご不便をおかけしておりますが、何卒ご理解いただきますよう、よろしくお願い致します。

城ケ島大橋について のページもご覧ください。

令和元年度塗装工事の位置図

R01位置図

令和元年度塗装工事の範囲及び内容

工事については、城ケ島大橋の主に三崎側の延長約50mで実施します。この工事で実施する主な内容は、鋼桁部の塗替塗装になります。

R01位置写真

R01断面図2

 

 

 

 

 

 

 

 

令和元年度塗装工事の流れ

(1)工事着手前

R01工事前

(2)素地調整
R01素地調整

(3)塗装
R01塗装

(4)工事完了
R01工事完了

 

 

 

 

 

 

 

 

※(1)から(4)の写真は、同様な工事の施工例を示したものです。

令和元年度塗装工事に伴う交通規制のお知らせ

工事に伴い、次のとおり交通規制を行います。

工事中はご不便をお掛けしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いします。

  • 規制期間:令和2年2月中旬 から 令和2年7月末(予定) まで
  • 規制場所:工事範囲を含む約60m
  • 規制内容:車道部片側交互通行(昼間)、歩道部片側通行止め(昼間)

交通規制

※写真は、平成29年度城ケ島大橋機能保全工事における交通規制の状況です。