三崎漁港「水産業・漁港を核とした振興ビジョン」について

掲載日:2017年10月23日

振興ビジョン表紙

まぐろの水揚げ港で有名な三崎漁港では、水産資源状況の悪化や漁業生産構造の脆弱化等により水揚量が減少傾向にある中、学識経験者や地元関係者等からなる検討会(委員長:馬場治東京海洋大学教授)が、水産業の振興や地域のにぎわいが増すことを願い、平成28年3月に ”三崎漁港「水産業・漁港を核とした振興ビジョン」”を取りまとめました。

三崎漁港「水産業・漁港を核とした振興ビジョン」(概要版)(A4横4ページ)[PDFファイル/532KB]

三崎漁港「水産業・漁港を核とした振興ビジョン」(A4縦42ページ)[PDFファイル/2.34MB]

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。