受付停止期間中に例外として申請を受け付ける場合

掲載日:2020年3月4日

令和2年(2020年)2月1日(土曜日)~4月5日(日曜日)は原則免許取得・更新申請ができません。

受付再開は令和2年(2020年)4月6日(月曜日)からとなります。

例外は以下の通りです。

申請 例外として
申請を受け付ける場合
持参するもの
  • 教員免許の取得
  • 特別支援学校教諭免許状への領域の追加
申請する免許状がないと受験や受講に影響がある場合
  1. 通常の申請書類
  2. 申請する教員免許が必要であることが確認できる受験要項、学生要覧等
令和2年3月31日が有効期間満了の日となる新免許状所持者の方で、新たに免許状を取得する場合 通常の申請書類
申請する教員免許を使って、令和2年4月から教員(臨時的任用職員、非常勤講師を含む)として採用されることが内定している場合
  1. 通常の申請書類
  2. 採用が確認できる書類

※採用が確認できる書類がない場合…申請前に採用先の教育委員会人事担当者や学校長から、免許グループあてに電話で採用についての連絡をしてください。

  • 教員免許の更新等

(注)「例外として申請を受け付ける場合」に該当する方であっても、免許状の期限まで2か月以内の場合は、更新等の手続はできません。

旧免許状の有効性の回復申請(修了確認期限経過後の更新講習修了に係る確認申請)をする方で、令和2年(平成32年)4月から教員(臨時的任用職員職員、非常勤講師を含む)として採用されることが内定している場合

免許状の期限(修了確認期限または有効期間の満了の日)が令和2年(平成32年)4月1日から5月31日までの場合
  1. 通常の申請書類
  2. 「修了確認期限延期証明書」(原本)または「有効期間延長証明書」(原本)

次の(1)から(3)のいずれかに該当する場合
(1)既に30時間以上の更新講習を受講しており、申請手続ができる方で、令和2年(平成32年)4月から国内にいなくなる

(2)令和2年(平成32年)4月から免除対象の職でなくなる

(3)令和2年(平成32年)4月から免許更新の義務者でなくなる

申請前に、窓口まで電話で連絡をしてください。