寒川の安楽寺で写経体験をしてきました!

掲載日:2018年3月13日

「もういくつ寝るとお正月・・・」
今年もあと数日になりました。なんとなくそわそわする12月。師走。

忙しく日々は過ぎていきますが、時には立ち止まったり、リラックスする時間も必要ですよね。
今回筆者は、写経を体験!!
心がとても落ち着き、穏やかな気持ちになりましたので、皆様にもご紹介したいと思います。

寒川町の安楽寺へ

安楽寺

JR寒川駅から徒歩約5分のところにある安楽寺へ行ってきました。
安楽寺は、養老年間(717~723)建立の寒川町最古と伝えられるお寺。ご本尊の大日如来坐像は町指定重要文化財に指定されています。

境内十月桜

冬に桜?
「十月桜」だそうです。冬の青く澄んだ空の下で、凛とした姿で咲いていました。
境内庭園では、四季の移ろいを楽しめます。

安楽寺のステンドグラス

お寺とステンドグラスって、珍しい組み合わせですよね。
写真で見てから、実物を見てみたいと、気になっていたので、本物を見ることができて大感激。
それはもう素晴らしくて、写真以上の迫力でした。
優しい光が窓から差し込むと、より一層美しく輝くステンドグラスの牡丹の花。
日差しの角度や強さで、いろいろな表情を見せてくれました。

ステンドグラス

写経体験

安楽寺では、写経体験を始めてから40年ほどたつそうです。
写経はもともとは、コピー機のない時代の複写方法ですが、やがて写経で祈願を成就したいという人々が心を込めて取り組むように。また、集中して無心になれる「場」としての意味も持つようになったそうです。

部屋の様子写経


筆者にとって、初めての写経です。
毛筆はハードルが高いなと思っていたら・・・、筆ペンも可とのこと。とはいえ、筆ペンさえ、普段持たないので、最初ちょっと緊張。
しかし、無心に書くことで、だんだんリラックスしていく感じがしました。
最近、パソコンやスマホの使用が多く、文字を書くことが少なくなっていたので、こんなに字を書いたのは久しぶりのことです。「集中力」も身に付きそうな気がします。姿勢を正して、きちんと字を書くことで、自分自身と向き合えたような気がしました。
心が穏やかな気持ちになり、とてもよい経験になりました。
次回は、桜の咲く時期に再訪したいなと思っています。

 

※ 安楽寺では、毎月第2日曜日(15時00分から)に写経体験会が開かれています。(予約不要。但し、団体でのご参加の場合は予めご連絡ください。)
参加の際は、筆(筆ペン可)、硯、墨は、ご持参ください。別途紙代がかかります。

詳しくは、安楽寺に電話でお問い合わせください。

(安楽寺の写経体験についてはこちら)

 

寒川駅前のイルミネーション

写経体験で心と体が落ち着いたあと、寒川駅へ。
きれいなイルミネーションは、寒いこの時期ならではのお楽しみですね。夕暮れになると、寒川駅前公園にイルミネーションが点灯します。

イルミネーション1イルミネーション2

寒川の魅力は他にも・・・

冬のひまわり

ひまわりは、夏の花の代表選手ですよね。しかし、この写真は寒川町の「冬のひまわり」です。
2017年は、12月9日と10日に摘み取りイベントを開催したとのこと。
(寒川のイベントなどは、寒川町観光協会ブログをご覧ください。)

ひまわりは、周りを明るく元気にしてくれるビタミンカラーの花。寒くて、身体が縮こまりそうになったら、冬のひまわりを思いだして、背筋をすっと伸ばしてみようかな。

 

寒川のモデルコース紹介

さあ、皆様も寒川へ出かけてみませんか。

今日ご紹介した場所のほかにも寒川町には魅力がたくさんあります。
ぜひモデルコースも参考にしてみてくださいね。

湘南地域のモデルコース(新年に心を清める!寒川コース)

 

なお、湘南地域の観光情報は、観光情報ひろば湘南のページにも載っておりますので、下のリンクも是非ご覧ください。

観光情報ひろば湘南


※このブログに記載される情報は、特定の店舗・商品等を推奨あるいは品質保証するものではありません。
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa