「湘南の宝石2017-2018」 ~江の島を彩る光と色の祭典~ を見に行こう

掲載日:2018年3月13日

 

二十四節気の「小雪」を過ぎ、12月に入りますと、いよいよ冬の到来を実感する日が多くなりますが、この時期の湘南には大きなイベントがあります。寒さに負けないで、訪れてほしいそのイベントは、江の島 冬のイルミネーション 湘南の宝石 2017-2018です。関東三大イルミネーションにも認定されている、もう湘南冬の定番イベントといっても過言ではないでしょう。

 

関東三大イルミネーションとは?

「夜景サミット2012in長崎」において、認定されたものです。

栃木県のあしかがフラワーパーク

千葉県の東京ドイツ村 そして、

神奈川県の江の島 湘南の宝石 です。

昔の江の島展望灯台を飾る電飾から始まったといわれるこのイベントも、今や全国でも有数の規模となり、メイン会場の江の島サムエル・コッキング苑や江の島シーキャンドルだけでなく、島内外のいたるところでイルミネーションが施されています。

最近では、湘南の宝石は第4回と第5回の「イルミネーションアワード」において、総合エンタテインメント部門2年連続第2位。

江の島シーキャンドルは「夜景サミット2016in藤沢」において、「夜の美しい灯台」ランキング第1位に選ばれています。

今回は始まったばかりの「湘南の宝石2017-2018」の様子を紹介いたします。

 

まずは、江の島へ

特に島内は駐車場が限られていることもあり、マイカーよりも公共交通機関の利用がおすすめです。

新宿から乗り換えなしでロマンスカーが走る小田急線。

大船からなら、意外と珍しい懸垂式の湘南モノレール。

藤沢と鎌倉からは、どこか懐かしい雰囲気の江ノ電が、江の島の入り口まで運んでくれます。モノレールに乗れば、近場であっても旅の気分をより味わえると思います。

また、各社からはそれぞれに、江の島サムエル・コッキング苑や新江ノ島水族館をはじめとする各種施設の入場券がセットされていたり、売店が割引となるフリーパス・フリーキップを発売していますので、イルミネーションは締めくくりにして、昼間の江の島もお得に楽しまれていいかがでしょう?

最新情報は藤沢市観光シティプロモーション課のホームページでご確認をお願いします。

 

夕刻の江の島

メイン会場の江の島サムエル・コッキング苑へは江の島弁天橋を渡ってすぐ前にある青銅の鳥居をくぐり、お土産物屋や飲食店の立ち並ぶ江の島弁財天仲見世通りを登ってゆきます。

通りが終わると、正面に江島神社の朱の鳥居と瑞心門が、左側にエスカーの乗り口が見えてきます。

エスカーとは登りだけのエスカレーターのことで、利用しますとかなりの数の階段を登らずに済みます。

3区間あるエスカーか、地道に階段を登りきると江の島サムエル・コッキング苑の入口です。

すでに午後5時の点灯時間を過ぎていると、江の島サムエル・コッキング苑のすぐ前の亀ヶ岡広場や途中の中津宮広場でイルミネーションが点灯していると思います。とても美しいのですが、それで満足してはいけません。

関東三大イルミネーションの一つを堪能するために、入苑です。

 

点灯前の江の島シーキャンドル

 

黄昏時、点灯を待って

今回は点灯前に入苑したので、まずは江の島シーキャンドルに登って夕景を見ることに。

江の島シーキャンドルの展望室は海抜約100メートル。ここからの夜景は関東三大イルミネーションとは別に日本夜景遺産にも認定されています。

夕暮れから宵闇へと色が音もなく変わっていく中、点灯の時を待ちます。

そして午後5時、カウントダウン、点灯。上がる歓声。

日が暮れて色を失いつつあった園内が非日常的な光に包まれました。

点灯直前の苑内点灯直後の苑内

 

先ほどまでの風景が闇に溶け込み、直下のイルミネーションと遠く片瀬や腰越の光だけが目立って、海の中にでもいるような気分です。そう考えると、江の島シーキャンドルがちょっとだけクラゲっぽく思えてきます(個人の感想です)。

 

苑内と夜景

暮色蒼然といった空と夜景を楽しんでから地上に戻ると、そこは

輝く苑内その1輝きの苑内その2

宝石箱をひっくり返したような、なんて言いたくなる景色が広がっていました。

江の島シーキャンドルも時には青白く、時には薄桃色に輝き、その周囲を白い光の点がヴェールのように広がります。

煌めきの江の島シーキャンドル

 

“湘南の宝石”の言葉通り圧倒的な煌びやかさです。今ではLEDのイルミネーションもいろいろなところで使われていますが、ここまでの規模だとさすがに見ごたえがあり、苑内狭しと飾られたクールな輝きに魅了されて、カメラを構えてあっちこっちと歩き回ります。

 

輝く苑内その3煌めきの苑内その4

 

入苑者も、イルミネーションをバックにするとシルエットとなり、見分けがつかない中、いろいろな言語が飛び交っていて、外国からの観光客とおぼしき人がずいぶん増えたと感じます。

さんざん寄り道をしてから、ようやくもう一つの目玉、“湘南シャンデリア”に向かいます。

 

湘南シャンデリア(遠景)

スワロフスキークリスタルを使用したシャンデリアが飾られた白銀のゲート先には、7万個のクリスタルビーズが使われている光のアーチが待ち受け、何とも絢爛な、でもどこか幽玄な光景に言葉を失います。入苑者の皆さんもさかんにスマートフォンを向けていました。

湘南シャンデリア内部その1湘南シャンデリア内部その2

 

これは撮影しても、伝わる気がしません。ぜひ、ご自身の目で確かめていただければと思います。

冬のバラ

 

駅のイルミネーションもお忘れなく

江の島サムエル・コッキング苑からの帰りは、“enoshima-光-michi”という、イルミネーションと夜景を見ながら道を下ってゆきます。

亀ヶ岡広場、中津宮広場もイルミネーションがとてもきれいですし、中津宮広場からは夜景も楽しめます。

亀ヶ岡会場のイルミネーション

 

 

(亀ヶ岡広場)

 

 

 

 

 

中津宮会場のイルミネーション

 

 

 

(中津宮広場)

 

 

 

龍恋の鐘は少し離れていますが、時間に余裕のある方はぜひ行ってみてください。

恋龍の鐘

 

 

 

(龍恋の鐘)

 

 

 

そのほか島内でのライトアップイベントとしては12月23日と24日に江の島湘南港で、自衛隊の掃海艇「えのしま」と海上保安庁の巡視艇「うみかぜ」の船舶ライトアップが行われます。24日には「えのしま」の艦内一般公開も行われます。

詳細は末尾の情報欄と江の島シーキャンドルのホームページをご参照ください。

 

江の島を出ても、まだ見逃せないイルミネーションがあります。

それは駅のイルミネーションです。

江ノ電では、江ノ島、鎌倉高校前、長谷、鎌倉の4駅と、小田急では片瀬江ノ島駅がイルミネーションで飾られています。

 

片瀬江ノ島駅(小田急)のイルミネーション

点灯期間は11月25日(土曜)から、2月18日(日曜)まで。「湘南の宝石」と同じ期間です。

点灯時間は江ノ電は16時30分から22時まで。小田急は17時から22時まで。大晦日はどちらも終夜となります。

 

江ノ島駅(江ノ電)とスズメ

少しは雰囲気が伝わりましたでしょうか、ここまでおつきあいくださった皆さんも、あたたかい服装で「湘南の宝石」をぜひ見に来てください。

 

最後にイルミネーションの情報を。他にもイベントがありますので、江の島シーキャンドルの特集ページもご参照ください。

料金

江の島サムエル・コッキング苑入場料 大人200円 小人(小学生)100円

江の島シーキャドル昇塔料大人300円 小人(小学生)150円

(江の島シーキャンドルは江の島サムエル・コッキング苑内にあります)

夜間営業時間 

平日および年末年始[12月31日(日曜)から1月3日(水曜)] 17時から20時(最終入場19時30分)まで

土日祝日および12月23日(土曜・祝日)から12月30日(土曜) 17時から21時(最終入場20時30分)まで

点灯時間

2017年11月25日(土曜) から2018年1月19日(金曜) 17時から

2018年1月20日(土曜) から2018年2月18日(日曜) 17時30分から

 

江の島シーキャンドルライトアップ[光の大空間]

[湘南シャンデリア]煌めく光のゲート&アーチ

[enoshima-光- michi]

開催期間 2017年11月25日(土曜)から2018年2月18日(日曜)まで

 

2万株のウインターチューリップ開花&ライトアップ

開催期間 2017年12月中旬 から 2018年1月下旬まで

 

(湘南の宝石フィナーレ)

MIRRORBOWLER光アート

ライトバルーンアート[GINGA]

開催期間 2018年2月10日(土曜) から 2018年2月18日(日曜) まで

 

海上自衛隊掃海艇『えのしま』艦船ライトアップ&艦内一般公開

艦船ライトアップ 12月23日(土曜・祝日) 12月24日(日曜) 17時から21時まで

艦内一般公開 12月24日(日曜) (1)9時から11時まで (2)13時から16時まで

会場 江の島湘南港 本船岸壁

 

湘南海上保安署 巡視艇『うみかぜ』艦船ライトアップ

開催日時 12月23日(土曜・祝日) 12月24日(日曜) 17時から21時まで

会場 江の島湘南港 南防波堤

 

 

なお、湘南地域の観光情報は、観光情報ひろば湘南のページにも載っておりますので、下のリンクも是非ご覧ください。

観光情報ひろば湘南


※このブログに記載される情報は、特定の店舗・商品等を推奨あるいは品質保証するものではありません。
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa