祝・初開催!茅ヶ崎パン祭り!

掲載日:2018年3月13日

秋・・・。
それは、食欲がいつにも増して加速する、不思議な季節。
何を食べても美味しい、幸せな季節。
木の葉舞う中、ピクニックランチが毎週末楽しめる、素敵な季節。

今回は、秋と食をこよなく愛する著者が、茅ヶ崎市で開催された「茅ヶ崎パン祭り」の様子をご紹介します!

茅ヶ崎パン祭り2017

茅ヶ崎パン祭りは、今年初めて開催された生まれたてのお祭りです。
茅ヶ崎市内で営業しているパン屋さんを中心に、お店の規模は小さいけれど「ご近所のみなさまに美味しいパンを届けたい!」という、熱い想いを持つパン屋さんを、より多くの方に知っていただくことを目指して始まったお祭りです。
地域に根ざしたパン屋さん同士、「小さなパン屋のネットワークを作る」ことも開催目的の一つとなっています。

お祭りの愛称は、チガパン!

さあ、それではチガパンの当日の様子をご紹介しまーす。

行ってきました!茅ヶ崎パン祭り2017

季節外れの台風に泣き(当初は10月22日(日曜)開催予定でした。)、迎えた11月5日(日曜)。
空はすっきり晴れ渡り、秋晴れとなりました。

茅ケ崎駅北口を出て、茅ヶ崎市 中央公園に向かいます。
歩道橋にも、「チガパン」の文字が見えてきました。(写真下)

チガパン案内

公園入口には、マップと販売状況一覧の案内が貼り出されています。(写真下)
時刻は10時、開始時刻です!いざ!

会場案内図

公園内の様子。(写真下)
10時の時点で、この賑わい!

中央公園の様子

おおー!すごい人です。(写真下)
雲一つない空。
日差しも暖かで、すぐそこには素敵なパンが待っている!
心が浮き立ちます。
皆さんのんびりとした雰囲気で、混雑も気になりません。

チガパンの様子

30ほどの店舗が参加しているので、まずは会場でもらった地図を片手に、ぐるっと園内の様子を見に行きます。

さあ、どんなパンがあるのでしょう?
一口にパン屋さんと言っても、そこは「こだわり」を持つパン屋さんたち。
白い色味でやわらか、もちもちのパンたち、
濃い色味でずっしりと、滋味あふれる口当たりが楽しめそうなパンたち、
お菓子パン、調理パン、
昔なつかしいパン、お洒落なパン・・・。
広がるパンたちの世界。ときめきます。

パン屋さん(1)

パン屋さん(2)

パン屋さん(3)

各店舗に並ぶ列には、「最後尾」札を持つ運営スタッフの方の姿が。(写真下)
著者も、お店を決めて並びます。
実は「行列」が大の苦手な著者ですが、この日は、会場のゆったりした雰囲気に、待ち時間のそわそわ感も苦になりませんでした。

行列行列最後尾

時刻は11時30分。
大盛況のため、多くのお店で「売り切れ」となりました。

皆さん、複数のお店でお買い物を楽しまれた様子。
笑顔で軽やかに駅に向かう様子が、印象的でした。

秋の風景

著者もひとしきり、お買い物を楽しんで、公園内を散策。
こどもたちが落ち葉を集めて、遊んでいました。(写真下)
木陰も淡く長くなりました。
秋の日の心温まる風景です。

遊ぶこどもたち

パンと地元・茅ヶ崎を愛する方々のちからで開催されたチガパン・茅ヶ崎パン祭り。
チガパンは、来年も開催予定とのこと。
また来年、会いましょう!
お腹を空かせて、待ってます!

 


 

なお、湘南地域の観光情報は、観光情報ひろば湘南のページにも載っておりますので、下のリンクも是非ご覧ください。

観光情報ひろば湘南


※このブログに記載される情報は、特定の店舗・商品等を推奨あるいは品質保証するものではありません。
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa