サザンビーチちがさきジュニアビーチテニス大会

掲載日:2018年3月13日

皆様は「ビーチテニス」というスポーツをご存知でしょうか?

ビーチテニスは「ビーチバレー」と「テニス」の特性を併せ持つスポーツで、砂のコートでボールをバウンドさせず空中でラリーをしながらポイントを取り合います。

そう、バトミントンを思い浮かべるとわかり易いかも。

得点方式はテニスと同じですが、専用のボールと「パドル」という専用のラケットを使用します。発祥はイタリアといわれていて、現在では、ヨーロッパを中心に、アメリカ、南米、アジアなどで人気のあるスポーツなんです。

 

これがビーチテニス専用のボール。

テニスのボールに比べると、若干小さくて、やわらかいです。

ビーチテニスボール

そしてこれが、「パドル」です。

テニスのラケットと比べると、だいぶコンパクトで持ちやすい感じ。

表面がざらざらしているものとつるつるしているものがありますが、ざらざらしているパドルの方が打つときにスピンをかけやすいとか。

パドル

筆者の個人的な感想ですが、テニスに比べると、道具が軽くて持ちやすいため、誰でも手軽にできそう。

ちょっとやってみようかな、と思いました。

さてさて、そんなビーチテニスのジュニア大会が9月18日(月曜日・祝日)に、「FeelSHONANプロモーションイベント事業」(前回記事はこちら:http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f7631/p1149150.html)として、サザンビーチちがさきで開催されました。

今回はその様子をご紹介します。

 

この週末は、台風18号が日本列島を直撃。17日深夜から18日未明にかけて、県内では雨風が非常に強まりました。

開催ができるのか?と筆者もハラハラしていましたが、当初8時だった開催時間を2度(!!)繰り下げて、なんとか12時から開催されました。よかったよかった。

 

いざ、会場のサザンビーチちがさきに到着すると、風は相変わらず強いものの、筆者の心配が嘘のような青空が広がっていました。

サザンビーチちがさきといえばこのモニュメントですが、Cの右側の文字の切れ目の部分にカップルで立ち、Cを1つの円として完成させれば、縁(円)結びの輪になって、海の安全と平和を祈る輪になるそうですよ(茅ヶ崎市観光協会HP)。

Cモニュメント

Cの中央には、茅ヶ崎市のシンボル「えぼし岩」が写っているんですけど、わかりますか?

えぼし岩波

拡大するとこれ、台風の影響で波は高めでした。

海岸に足を踏み入れると、そこには立派な特設コートが7面も。

既に練習を始めている参加者の姿も見えます。

練習風景

FeelSHONANの旗

強風になびくFeelSHONANの旗。予報では午後には治まるそうなので、期待しましょう。

 

さあ12時。開会式が始まりました。

参加者が本部前に集まります。

参加者説明の様子

中央で説明をしている赤いTシャツの人は、プロビーチテニスプレイヤーの相澤幸太郎選手。

日本テニス協会公認日本ランキング7位の実力者です。(2017年8月15日時点)

相澤選手相澤選手

説明の様子

相澤選手の左の人は、ビーチテニス連盟神奈川支部の高橋さん。元日本ランキング1位なんだって!

 

開会式の後は、参加者全員でビーチクリーンをしました。

コート内にある、木の枝や小石、プラスチック片などを取り除きます。

怪我の防止のためにも非常に重要です。

筆者は砂の中に埋もれたアルミペグを見つけました。危ない危ない。

ビーチクリーンの様子

集められたゴミ

コートが綺麗になったところで、ルール説明を兼ねたデモンストレーションが行われました。

やっぱり結構動きが激しい。

試合の様子1

試合の様子2

試合の様子

試合の後は、スポーツマンシップとお互いの健闘を称えてハイタッチで終わります。

試合後のハイタッチ

そして、プロの選手達と一緒に少し練習。とても貴重な体験です。

この後、いよいよ大会が始まるとあって、皆真剣。

プロとの練習の様子

プロとの練習の様子

ここで、簡単に本大会の説明をすると、今日の大会は、小学生・中学生・高校生の3部門に分かれて、それぞれ、ダブルスで6ゲーム先取したチームの勝利です。スコアはテニスと同じで、4ポイントとったら1ゲームとなります。

試合は総当り戦。小学生と中学生は2リーグ制で、それぞれのリーグの優勝チームで決勝戦を行います。高校生は1リーグ制なので、そのまま優勝チームが決まります。

 

話が長くなりましたが、いよいよ大会が始まります。

優勝はいったいどのチームになるのでしょう?

試合前の様子いよいよ試合です。

小学生の部の試合1

小学生の部の試合2小学生の部

中学生の部の試合中学生の部

高校生の部の試合高校生の部

 

大会の結果も気になるところですが、この日は親子ビーチテニスクリニックも開催されました。

大会に出る自信は無いけれどビーチテニスはやってみたい。そういった方にプロの選手が丁寧にレクチャーします。

ビーチテニスクリニック

子供にレクチャーするプロパドルでボールを落とさないようにバウンドさせているところです。

子どもと一緒に親御さんも、とても楽しそうです。

 

さて、大会が始まって、1時間30分程経過したでしょうか。小学生・中学生ともにリーグの優勝チームが決まったようです。

いよいよ決勝戦が始まります。

各リーグの優勝チームとあって、決勝戦はレベルの高い試合に。

小学生部門決勝1

小学生部門決勝2小学生部門の決勝戦

試合後のハイタッチ試合が終わった後はハイタッチ。見ていて気持ちがいいですね。

 

そして、2時間程の熱戦の結果、全試合が終了し、それぞれの部門の優勝チームが決定しました。

表彰式が始まり、相澤選手から優勝チームへ、賞状と景品が渡されます。

小学生優勝チーム小学生の優勝チーム

中学生優勝チーム中学生の優勝チーム

高校生優勝チーム高校生の優勝チーム

 

優勝した皆さん、本当におめでとうございました。

大会終了後に優勝者の方達から話を伺ったところ、中学生と高校生は、テニスの経験はあっても、ビーチテニスの経験はあまりなかったとか。

また、小学生は、1人は経験者だったけれど、なんと、もう1人はパドルを握ったのも今日が初めてだったみたいです。すごいですね!

ゆくゆくはこの中から世界で活躍するプレイヤーがでてくるかもしれません。

優勝者のみなさん左から小学生チーム、中学生チーム、高校生チーム

 

台風の接近から、開催が危ぶまれたビーチテニス大会ですが、参加者は口々に楽しかったと言ってくれて、終わってみれば大成功でした。

 

3月にも同様の大会を開催する予定です。

今回と同様に、親子ビーチテニスクリニックも開催される予定ですので、興味のある方はぜひご参加ください。

たくさんの方のご参加をお待ちしています。

 

イベントの詳細やビーチテニスのことをもっと知りたい!という方は、日本ビーチテニス連盟のHP(http://www.beachtennis.or.jp/)もぜひチェックしてみてください。


 

なお、湘南地域の観光情報は、観光情報ひろば湘南のページにも載っておりますので、下のリンクも是非ご覧ください。

観光情報ひろば湘南


※このブログに記載される情報は、特定の店舗・商品等を推奨あるいは品質保証するものではありません。
本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる