デントコーン迷路&ひまわり畑2017に行ってきました

掲載日:2018年3月13日

秦野市でデントコーン迷路&ひまわり畑2017が開催中!

蒸し暑い日が続いておりますが、皆さんいかがお過ごしですか?

今回は、秦野市のデントコーン迷路&ひまわり畑2017に行って参りました!

デントコーン迷路は、秦野の農業・農産物をPRする場とするため、市内の若手農業者グループ「秦友会」の皆さんが牛の飼料用とうもろこしであるデントコーンで巨大な迷路を作ったものです。

秦野の夏の恒例行事となりつつあるデントコーン迷路ですが、今年は迷路の隣にひまわり畑が作られているようです。

どちらも背の高い植物で、中身は迷路のようになっているのでしょうか? 早速行ってみましょう!

 

デントコーン迷路

まずは大きな看板があるデントコーン迷路の中へ。

看板

既に多くの挑戦者を迎え入れたためか、通路の部分ははっきりしていて、靴越しに土の感触が味わえます。

迷路内

この日は人が少なかったこともあり、デントコーンに囲まれた中は外の音も心なしか遠く感じられます。でも実際はデントコーンを含めて生き物でいっぱい。よく見れば可愛いアマガエルが葉の上で休んでいたりします。

デントコーン蛙

そんな生き物を探したり、すっかり大きくなったデントコーンの穂を見て感心したり(残念ながら食べられませんが)しながら、どうにか迷路から脱出できました。

 

ひまわり畑

次に、ひまわり畑に入ります。

看板

こちらは迷路ではなく、一本道でひまわり畑の中心まで歩いていけます。迷路ではない分デントコーンよりもひまわりの密度が高く、大きいものでは人の顔ほどもある花に囲まれていると、迷路以上に異世界感があります。

ひまわり

この日はあいにく曇り空で、ひまわりもうつむきがちでしたが、花が上を向いていたならまた違う印象だったでしょう。

また、花に誘われてやってくる虫の羽音が思ったよりも大きかったので、びっくりしました。

ひまわりと虫

 

周辺の情報

デントコーン迷路から歩いて約3分の場所に田原ふるさと公園があります。のどかな田園風景に囲まれた公園内の「ふるさと伝承館」には、農産物直売所、そば処「東雲」、そば道場、漬物加工施設のほか、そば粉を製粉するための水車小屋もあります。

伝承館全景ふるさと伝承館

水車小屋水車小屋

ふるさと伝承館の直売所では野菜や果実、花などの新鮮な地場産品のほかにも飲み物も取り扱っています。

直売所直売所の様子

この時期のデントコーン迷路の中は大変暑く、熱中症対策が必要ですが、迷路の周辺には自動販売機がありませんので、ふるさと伝承館の方で飲み物を買っておくといいかもしれません。

また、ふるさと公園のすぐ近くに、史跡“源 実朝公 御首塚”があります。行ったときにはあいにくと工事中で塚の近くには行けませんでしたが、道路からでも首塚と案内板を見ることはできました。歴史に関心のある方は、こちらへも寄り道してはいかがでしょう。

首塚

この夏は、大地と空と緑で出来た迷路で、皆さんも迷ってみませんか?

今年は昨年よりも開催期間が短くなっておりますのでご注意ください。

日傘や帽子、飲み物といった熱中症対策も忘れずに、お楽しみください。

 

 期間:7月29日(土曜日)から 8月21日(月曜日)まで (生育状況によって変更になる場合があります)

 場所:秦野市東田原961・962

 アクセス:秦野駅北口発、藤棚行き(秦23) または秦野駅循環(秦26・秦27) のバスで

 「中庭」バス停下車、徒歩3分

 また、迷路の近くに駐車場あり。徒歩3分

詳しくは、デントコーン迷路&ひまわり畑2017(秦野市のホームページ)

なお、湘南地域の観光情報は、観光情報ひろば湘南のページにも載っておりますので、下のリンクも是非ご覧ください。

観光情報ひろば湘南


※このブログに記載される情報は、特定の店舗・商品等を推奨あるいは品質保証するものではありません。
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa