夏の夜の大山を堪能!「2017 光の競演~夜景と絵とうろう~」

掲載日:2018年3月13日

大山阿夫利神社下社からの「プレミアム夜景」と「光の回廊」 

今回は、8月11日(金曜・山の日)から8月15日(火曜)まで伊勢原市の大山で開催される「涼・大山の夏光の競演~夜景と絵とうろう~」をご紹介します。このイベントは、大山の“涼”を感じながら、5日間限定で大山阿夫利神社下社からの「プレミアム夜景」と様々なとうろうがつくる「光の回廊」の競演を楽しむというイベントです。

 

とうろうの灯りがつくる“光の回廊”

江戸時代の夏山開きの時期、夜の街道では「常夜灯」が人々の道しるべとなっていたことにちなんで、大山新道や旧参道沿いなどの絵とうろう、こま参道や大山ケーブル駅付近などの地元の小中学生を中心に製作した「牛乳パック絵とうろう」、阿夫利神社下社の境内などの行灯など、各種の“光”によって約3kmにわたって“光の回廊”がつくられます。(点灯は日没から。この時期の日没は18時30分ごろです。)また、ケーブルカーの沿線もライトアップを行うとのことで、ケーブルカーからの夜景を眺めながら、ライトアップを楽しむことができます。また、雨の日でも、霧に煙る沿線に浮かび上がる幻想的な木立のライトアップを見ることができます。
また、期間中には「光の回廊&水龍を探せ!スタンプラリー」が実施されます。各種とうろうが設置されている場所を巡り、全12か所のスタンプを集めると景品(ミニこま)がプレゼントされます。
詳細については、小田急線各駅、伊勢原駅観光案内所、大山観光案内所、現地の店舗・旅館等で配布されているパンフレットをご覧ください(スタンプラリーの台紙もパンフレットと一体になっています)。
絵とうろう2絵とうろう2
絵とうろう3絵とうろう4

大山阿夫利神社下社から見る「プレミアム夜景」

標高約700mから見下ろす「大山阿夫利神社下社からの眺望」は、フランスのミシュラン社が発行する旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」(フランス語版、改訂第4版)に二つ星として紹介されている絶景です。この素晴らしい夜景をゆっくり楽しんでいただくため、通常は16時30分(土日休は17時00分)で終了するケーブルカーの運転が、イベント期間中の5日間に限り20時30分まで延長されています。世界に認められた素晴らしい眺望をぜひご堪能ください。
また、クルリン(伊勢原市)をはじめ、あゆコロちゃん(厚木市)、はだの三兄弟(秦野市)、しずくちゃん(神奈川県)、かなみん(神奈川中央交通)など、近隣のゆるキャラたちが日替わりで遊びに来るとのことです。
なお、ケーブルカーの運転時間の延長は、今のところ、正月、秋の紅葉シーズン、そしてこのイベントの期間しかないとのことですので、貴重な機会をお見逃しのないように。
夜景1

その他にもイベントが盛りだくさん

平成28年に日本遺産に認定されたストーリーを実際に体験できる「大山詣り納め太刀」、大山のふもとで行われる年に一度のジャズとラテンの祭典「大山サマージャズ&ラテンフレンドシップコンサート」、伊勢原市とアウトドア雑誌「ランドネ」とのコラボ企画「Oh!山の日」など期間中はイベントが盛りだくさんです。各種イベントの詳細についてはこちらをご覧ください。

山の日、そして夏休みの思い出に「夏の大山」と「夜の大山」にぜひお出かけください。

※掲載している写真は、すべて昨年以前に撮影したものです。

 

なお、湘南地域の観光情報は、観光情報ひろば湘南のページにも載っておりますので、下のリンクも是非ご覧ください。

観光情報ひろば湘南


※このブログに記載される情報は、特定の店舗・商品等を推奨あるいは品質保証するものではありません。


本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる