湘南ひらつか魚まつり朝市(平塚市水産物地方卸売市場)

掲載日:2018年3月13日

湘南ひらつか魚まつり朝市(平塚市水産物地方卸売市場)

年に一度の大規模朝市

毎年1回、ひらつかタマ三郎平塚漁港本港(平塚市千石河岸)に隣接する平塚市水産物地方卸売市場で開催されている「湘南ひらつか魚まつり朝市」が、6月4日(日曜日)に開催されました。
今年は、県の「FeelSHONANプロモーションイベント事業」の一環として開催されたこともあり、筆者も朝早く起きて行って来ましたので、その様子をご紹介します。

まずは平塚駅へ

ついつい電車で寝てしまって危うく乗り過ごすところでしたが、7時過ぎ、無事平塚駅に到着。ひらつかタマ三郎漁港は、平塚駅南口から須賀港行きのバスに乗車し、「札の辻」バス停で下車するとすぐ目の前にあります。

平塚駅南口平塚駅南口

平塚バスバス乗り場はこちら。

車でお越しの場合には、ひらつかタマ三郎平塚漁港新港の駐車場が朝市終了後1時間まで無料で開放されていますのでご安心を。

平塚駅南口から歩いても20分程度で到着します。最近、意識して健康に気を遣うようにしている筆者は、もちろん歩いて行きました。
平塚駅南口を下りて左に向かい、そのまま道なりにほぼまっすぐ歩くと、会場となる平塚市水産物地方卸売市場が見えてきました。

平塚市水産物地方卸売市場平塚市水産物地方卸売市場

7時30分ころに到着すると、すでに多くの人が集まって、長蛇の列を作っていました。

朝市前のひとだかり

朝市は、朝8時から10時までの開催です。開始前の商品ラインナップを確認すると、新鮮な魚がいっぱい!しかも安い!

岩のりや干物などの加工品や、あさつゆ広場(JA湘南の大型直売所)も出店しているので、今日のおかずはここで全て揃いそう。
天然の本マグロも、重量あてクイズで正解すると無料でもらえるとのこと。いやー、楽しみだ。

本マグロ

クイズ対象の本マグロ。1.8mくらいありました。結果は後ほど。

マグロ1さく

海産物たちとれたて新鮮。

加工品1販売されている魚

充実の加工品も勢揃い。

あさつゆ広場野菜あさつゆ広場も出店。

朝8時。朝市が始まります。

会場は来場者の熱気で大賑わい。

にぎわう朝市足の踏み場も無いほど。

皆さん次々にお目当ての水産物を購入されていきます。

旗会場を華やかに飾る大漁旗。合計25枚もの旗が集結しました。

机一杯に並べられていたマグロのさくは、8時の販売開始からなんとわずか5分で完売です。

会場の様子

会場を回っていると、来場者が殺到しているブースを発見。

早速向かってみました。

イワシ詰め放題

行われていたのはイワシの詰め放題!300円で1袋詰め放題とあって、みなさん夢中です。

しかし、魚を食べるのは好きだけど、捌くのは苦手という方も多いのではないでしょうか。かくいう筆者も大の苦手。

そんな方もご安心を。市場で購入した魚を捌いてくれるありがたいサービスもあります。

捌く様子

捌く様子まさに職人技。

朝市と同時にタマ三郎ワールド開園。

ご家族連れの方も楽しめるように、お子さん向けのエリアも用意されています。

タマ三郎ワールドと称されたエリアでは、ドジョウすくいや釣りゲーム、タッチングプールなどを体験できます。

イベント案内釣りゲームをすると貴重?なタマ三郎バッジがもらえるかも。

ドジョウすくいこちらはドジョウすくいです。30匹以上すくっている人もいました。

タマ三郎

本日の主役?ひらつかタマ三郎を発見。ひらつかタマ三郎について詳しく知りたい方はぜひ平塚市漁業協同組合のホームページ(http://www.jf-hiratsuka.org/hiratama326)もチェックしてみてください。

冷凍マグロのセリ市

朝市が始まって15分程たったころ、元気のいい掛け声とともに、冷凍マグロの解体実演が始まりました。

冷凍マグロ解体

電動ノコギリを使って豪快にカットしていきます。

解体したマグロはそのままセリに。

セリ

顔と同じくらい大きなブロック状のマグロが次々とセリにかけられます。

1,000円、1,300円、1,500円、1,700円と、一斉に来場者から声がかかり、飛ぶように売れていました。

そろそろマグロも終わりかなと思っていたら、いきなりジャンケン大会が始まりました。

なんと、最後まで勝ち残った方にはマグロを無料でプレゼント。

いやはや太っ腹ですね。

セリこの盛り上がり。

いよいよメインイベント、生本マグロの解体ショー

その後も様々な水産物に目を奪われ、1時間程朝市の雰囲気を満喫したところで、いよいよマグロの重量あてクイズの結果発表と解体ショーが始まります。

マグロ

先ほどのマグロを豪快に解体していきます。

マグロ解体

マグロ解体

手際が良すぎて何度かシャッターチャンスをのがしてしまいました。

気になる重量あてクイズは、88.0kgという結果に。

クイズ結果

正解に近かった上位10名の方には、これまた無料でマグロをプレゼントです。

赤字覚悟の大盤振る舞い。筆者も参加すればよかった・・・。

会場の様子

残りのマグロは先ほど同様セリにかけられます。

じゃんけんシステム

もちろんジャンケン大会も。

景品はセリにかけられたマグロと同量です。

筆者もチャレンジしてみましたが、3回戦で敗退。残念・・

「シイラ」を使った漁師鍋、なんと無料。

そして、筆者がマグロの解体に夢中になっていた頃、会場の一角では約400食分の漁師鍋が無料で振舞われていました。

まさに大盤振る舞い。

漁師鍋の具材はイワシ、タラ、カニ、野菜、そして「プライドフィッシュ」のシイラです。

シイラこれがシイラ。こんな見た目でも味は抜群。

プライドフィッシュとは全国漁業協同組合連合会が選定した、地元の漁師さんおすすめのおいしい魚のことです。こちらの記事も併せてごらんください。(http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f7631/p1090603.html

料理うーんおいしそう。

その他、シラスの水揚げや、揚げ物・干物・焼き魚の販売等、盛りだくさんの今年の朝市は、平塚市内・市外から、のべ約2,900人もの方にお越しいただき、大盛況のうちに終わりました。

朝市の次回開催は来年となりますが、ひらつかタマ三郎漁港では毎月第4金曜日に地どれ魚の直売会が開催され、地元の新鮮な水産物が販売されています。

新鮮な水産物をお求めの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

地どれ魚直売会の様子はこちら。

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f7631/p1076914.html

なお漁の状況によっては延期もしくは中止となりますので、詳しくは平塚市漁業協同組合のホームページを御確認ください。

今後もひらつかタマ三郎漁港に大注目。

さて、ひらつかタマ三郎漁港では今後も「FeelSHONANプロモーションイベント事業」を開催予定です。

詳細は未定ですが、本年の夏と秋に釣りやごろびき(地引網)等を体験できる漁港まつりをそれぞれ開催します。

今後、平塚市漁業協同組合のホームページ等で広報いたしますので、ぜひチエックしてみてください。

なお、湘南地域の観光情報は、観光情報ひろば湘南のページにも載っておりますので、下のリンクも是非ご覧ください。

観光情報ひろば湘南


※このブログに記載される情報は、特定の店舗・商品等を推奨あるいは品質保証するものではありません。
本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる