デントコーン迷路2016

掲載日:2018年3月13日

デントコーン迷路へ!!

この時期にしか楽しめないイベントの一つが秦野市で行われる「デントコーン迷路」。
今年で5回目となるデントコーン迷路。5月からおよそ2ヶ月以上の期間をかけて迷路を作ったのは秦野市の若手農業者グループ「秦友会(しんゆうかい)」の皆さんです。秦友会の皆さんは、農業の担い手確保と育成を図るため、研修会活動や農業体験を通した市民の農業への理解を促進する活動を行っています。
「デントコーン」とは牛の飼料用として作られるとうもろこしです。収穫時には2メートルになるものもあるくらい育つそうです。

デントコーン迷路入り口
デントコーンの道

さっそく中へ入ってみます。両側に大きく育ったデントコーンが並んでいます。自分の背よりもはるかに高いとうもろこしに囲まれ異世界に来たようです。この一面緑の風景はどこかで見たような・・そう沖縄のさとうきび畑に似ていてなんだか南国へきてしまった、そんな感じがします。

デントコーンを行く女の子
農産物の説明表示

そんなことを考えながら進んでいると・・後ろから女の子4人組が駆けてきました。「こっちこっち!!」と、もう何周かした様子。あっという間に姿が見えなくなり彼女達の声だけが響き渡っています。
迷路のところどころには秦野市の農業・農産物の説明が掲示されていますので、これを探しながら迷う(?)のもまた一興です。夏休みの自由研究のヒントにもなりそうですね。

フィールド上

やっと視界が開けました!!
この迷路は、フィールドが2つあり、上下に分かれています。下のフィールドから上のフィールドへ階段を上がって行くと・・

田園風景
風車

のどかな田園風景に囲まれた「田原ふるさと公園」の「ふるさと伝承館」が遠くに見えます。こちらでは、野菜や果物、花など新鮮な地場産品をたくさん販売しています。この建物の中にあるそば処「東雲(しののめ)」ではそば打ち体験も楽しめるそうです。また、公園内にはそば粉を製粉するための水車小屋もあります。

おっと、ここでゆっくりとしてはいられません。このフィールドをクリアしなければ外に出られません。少し心配になりながらも先に進み、何度か行き止まりを繰り返しながらやっとのことでゴールできました!!このデントコーン迷路、なかなかのハイレベルで、意気揚々とスタートしたものの、途中から、人の声は聞こえるものの、一向に辿り着かず心細くなったほど・・やっとの事でゴールした時のホットした感じを久しぶりに味わいました。

デントコーン出口

この夏の思い出に、子供も大人も楽しめるデントコーン迷路へぜひ遊びにいらしてください!!(8月31日までです!!) ※この時期迷路の中は大変暑く、熱中症には注意が必要ですので、日傘や帽子、飲み物などをお忘れなく!!

期間:7月30日(土曜日)から8月31日(水曜日)まで
(生育状況により変更あり) 

場所:秦野市東田原961・962

アクセス:秦野駅北口発、藤棚行き(秦23)又は秦野駅循環(秦26・秦27)のバス
「中庭」バス停下車、徒歩3分
また、迷路の近くに駐車場あり。(徒歩3分)

詳しくは、デントコーン迷路2016(秦野市のホームページ)

なお、湘南地域の観光情報は、観光情報ひろば湘南のページにも載っておりますので、下のリンクも是非ご覧ください。

観光情報ひろば湘南


※このブログに記載される情報は、特定の店舗・商品等を推奨あるいは品質保証するものではありません。
本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる