祝!日本遺産認定-「涼・大山の夏」!!

掲載日:2018年3月13日

「光の競演2016~夜景と絵とうろう~ 大山ケーブルカー夜景運転&光の回廊」に行ってまいりました!

今年4月、見事日本遺産に認定された「大山詣(おおやままい)り」。
日本遺産認定を記念して、7月27日から8月17日まで、イベント「涼・大山の夏」が開催されています。
中でも、イベント期間中の土曜日・日曜日と8月11日(木曜日・祝日)、12日(金曜日)には、「光の競演2016~夜景と絵とうろう~」と題した催しがあるということで、早速行ってきました。

こま参道をのぼっていくと

道の両側に可愛らしい小さな明かりが並んでいます。実はこれ、牛乳パックを利用してLEDランタンを組み込んだ「牛乳パックとうろう」です。伊勢原市内の小・中学校の皆さんが一生懸命作ってくださったもので、どれもとても綺麗です。
江戸時代、夜の街道では「常夜灯」が大山詣りの人々の道しるべになっていたそうです。今宵は「牛乳パックとうろう」を道しるべに、こま参道をのぼります。

こま参道1
こま参道2

まるで宝石箱のよう

こま参道を抜け、大山ケーブル駅に到着。ここにも牛乳パックとうろうが展示されていました。
道沿いに整然と並んでいるのと違い、色とりどりの300個以上のとうろうがところ狭しと並んでいるさまは、まるで宝石箱のようです。

夕暮れの牛乳パックとうろう

夕暮れのとうろうも綺麗ですが…、

夜の牛乳パックとうろう1
夜の牛乳パックとうろう2

やはり夜は格別です!
同じ位置から撮った二枚の写真の違いに気が付きましたか?
実はこの牛乳パックとうろう、一つひとつが色を変えながら光っているんです。すぐにシャッターを切ったのですが、すでに違う色に変わっていました。
本当にいくら見ていても飽きません。

大きな絵とうろう1
大きな絵とうろう2

なお、8月11日から14日までは、「絵とうろうの祭典」として、大山バイパスの両側に大きな絵とうろうも展示されますので、こちらも是非ご覧ください(写真は昨年のものです)。

まさにプレミアムな夜景

あのミシュラン・グリーンガイド・ジャポンにも紹介された眺望の夜景を見るため、大山阿夫利神社下社に向かいます。いざ、大山ケーブルカーに乗車!
「光の競演2016~夜景と絵とうろう~」の期間中は、大山ケーブルカーは車内の灯りを落として運行。何とも粋な演出です。ケーブルカーが登るにつれて、車窓に湘南の夜景が広がっていきます。

湘南の夜景

阿夫利神社駅で下車。遠くに広がる夜景に思わず息を呑みました・・・。

プレミアム夜景1
プレミアム夜景2

大山阿夫利神社下社からの眺めです。あまりにも美しい夜景に、時間が経つのを忘れてウットリしてしまいました。
期間中、大山ケーブルカーは20時30分まで延長運転していますので、ゆったりとプレミアムな夜景を楽しむことができます。

色々な角度から夜景を見ていたら、周りの方々が「こっちから見るともっと綺麗に見えるよ!」と声を掛けてくださいました。心もほっこり、素敵な一日になりました。

今年は「山の日記念イベント」が開催されます!

今年新たに国民の祝日に制定された山の日の8月11日(木曜日・祝日)には、「山の日記念イベント」が併せて開催されます。
「日本遺産大山詣り納め太刀2016」、「スイッチ総研による大山“山の日”スイッチ」(※こま参道の各所で展開される演劇パフォーマンス。かなり面白いです。)、「星空観察会」など、内容盛りだくさんのイベントです。

詳しくは、大山観光電鉄株式会社(大山ケーブルカー)のホームページをご覧ください。

この夏は皆様も是非、魅力たっぷりの大山にお越しください!!

なお、湘南地域の観光情報は、観光情報ひろば湘南のページにも載っておりますので、下のリンクも是非ご覧ください。

観光情報ひろば湘南


※このブログに記載される情報は、特定の店舗・商品等を推奨あるいは品質保証するものではありません。
本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる