七夕の街でサッカー観戦!ふたりで歩く平塚コース

掲載日:2018年5月9日

コース概要のイメージ

※1このコースはプラネタリウムの上映時間を14時00分、湘南ベルマーレ戦の開始を18時00分とした場合のコース設定です。
プラネタリウムの上映日、上映時間、湘南ベルマーレ戦のスケジュールについては、お出かけ前にご確認ください。

 プラネタリウムの上映日、上映時間についてはコチラから
 湘南ベルマーレ戦のスケジュールについてはコチラから

※2移動時間は目安のものです。

※3 本モデルコースの内容は、2016(平成28)年6月時点のものです。

ルートマップ

ルート案内図
※ 地図は、コースのポイントをわかりやすく示すための概略図です。そのため縮尺等が正確でないことがあります。

コース案内

JR平塚駅

 徒歩 約10分 ▼


1.平塚八幡宮を散策

 

八幡宮

JR平塚駅北口から歩いて約10分、緑の木立が見えてきます。こちらが、平塚の街のオアシス、平塚八幡宮。東海道沿いの境内入口に建つ一の鳥居は威風堂々とした佇まいですが、境内は優しい光と澄んだ空気に満ち溢れ、散策にも最適です。隣接する八幡山公園に足を伸ばせば、かわいらしい洋館(「八幡山の洋館」)が。国の登録有形文化財(建造物)に指定されているこちらの建物、夜には不定期でライトアップも行われています。
ところで、平塚市といえば「七夕まつり」。湘南に夏の訪れを告げるこのお祭りの際には、平塚八幡宮にも七夕飾りやぼんぼりが飾られます。境内の授与所には、「七夕まつり」にちなんだお守り「七夕守(たなばたまもり)」も。
大切な人と歩けば、穏やかで優しい気持ちに包まれる、癒しの空間です。
地図はコチラから〕 〔平塚八幡宮のHPはコチラから〕 

鳥居七夕守りおみくじ

 徒歩 約10分 ▼


2.平塚市美術館のレストランでランチ

 

サフランライス

抹茶蜂蜜かき氷とちおとめのれん

ランチは、平塚市美術館内にあるレストラン「ラ・パレット」で、おすすめメニュー「蛸とオリーブのサフランライス」はいかがでしょう。綺麗に色づいたサフランライスの上には、柔らかな蛸やサーモンがトッピングされています。滋味溢れるライスに、スライスオリーブやケーパーがスパイスとなって美味!ピンクペッパーの彩りもおしゃれです。
6月から9月頃にかけては、日光の天然氷を使ったかき氷をお試しください!遠くからわざわざ食べに訪れる方もいらっしゃる程の人気メニュー。シロップは毎年変わるそうですが、2016(平成28)年は、「抹茶蜂蜜」と「とちおとめ」の2つの味から選べます。「人気メニューのためお店が混み合うことがあるので、かき氷のみの方は、お昼時を外して来ていただけるとスムースにお召し上がりいただけます」とのこと。
個性ある企画展が注目されている平塚市美術館については、下記をご覧ください
(注)かき氷は数に限りがあるため、売り切れになることがあります。また、提供の有無や時期は年によって異なります。
地図はコチラから〕 


 徒歩 約1分 ▼


3.平塚市博物館のプラネタリウムで星空を眺める

 

天の川

秋の星空博物館概観

続いては、七夕の街・平塚で夜空を眺めてロマンチックなひと時を。(左の写真は「天の川」。)
平塚市博物館のプラネタリウムは、(一部プログラムを除き)、その日の夜空などを映しながら、学芸員さんが初めから終わりまで生で解説をしてくれます。この方法、県内でもとてもめずらしいそう。その日だけしか見られない夜空をふたりで見上げ、空の彼方に想いを馳せるなんて・・・、素敵!
プログラムは2か月ごとに更新されており、季節やその時々のトピックをテーマに星をめぐります。例えば2016(平成28)年の夏は、宮沢賢治生誕120周年と、平塚市と花巻市との友好都市締結30周年を記念して、「賢治が綴った星空」というプログラム。なんとも、夢があります!(こちらのプログラムでは、学芸員さんの生解説は前半のみです。)
また、プラネタリウムを会場にして星空とともにクラシック音楽を鑑賞する「星空と音楽の夕べ」や、屋上の望遠鏡を使った星空観察会「星を見る会」などのイベントも定期的に行われています。
開館日、プラネタリウム上映時間や、イベントスケジュールについては下記をご覧ください。
地図はコチラから〕〔平塚市博物館のHPはコチラから

▼ 徒歩 約8分 ▼


4.平塚市総合公園でのんびりおやつ(試合日はキッチンカーがやって来ます!)

キッチンカー原っぱ
動物流れの広場
 

 

湘南ベルマーレのホームスタジアム、ShonanBMWスタジアム平塚(平塚競技場)のある平塚市総合公園。湘南ベルマーレの試合日には、試合開始時間の4時間前からキッチンカーが並びます。辺り一帯、思わずお腹が鳴ってしまいそうないい香り。
広ーい「平塚のはらっぱ」で食べるキッチンカーの軽食は、格別!話も弾みそうです。
試合に備えてしっかり腹ごしらえできたら、園内を散策。園内の「ふれあい動物園」では、売店でエサを買って、ヤギや羊にエサやりすることができます。
暑い(熱い?)季節には、「流れの広場」で水遊びもお楽しみいただけます。
平塚市総合公園の楽しみ方を、下記でご紹介しています!
地図はコチラから
平塚市総合公園へのアクセスはコチラから

 

▼ 徒歩 0分 ▼


5.ShonanBMWスタジアム平塚で湘南ベルマーレ戦を観戦!

 

スタジアム

選手

いよいよ湘南ベルマーレ戦キックオフ!
たとえサッカーに詳しくなくても、湘南ベルマーレを知らなくても、ベルマーレの試合は面白いので心配はご無用!
最後まで走って走ってボールを追いかける選手たちからは大きな感動をもらえますし、サポーターの力強い応援はただただ圧巻です。手に汗握る試合展開に、ふたりの距離も近くなるかも?
湘南ベルマーレ戦をもっともっと楽しむために、下記もあわせてご覧ください!
地図はコチラから
ShonanBMWスタジアム平塚へのアクセスはコチラから

監督

 

 

▼ 徒歩 約25分 または バス 約7分(※) ▼

※ 平塚市総合公園からJR平塚駅北口行きのバス案内はこちらをご参照ください


JR平塚駅

 

もっと知りたい!湘南 -モデルコースをもっと楽しむために-

湘南ベルマーレのことを、猪狩さんに聴いてみよう!

 

猪狩さん

(湘南ベルマーレの広報担当:猪狩さん)

 


今回のモデルコースで一押しの見どころ・体感ポイントは、ホームタウン平塚のスタジアムでの湘南ベルマーレ戦観戦です。
でも、サッカーに詳しくなかったり、そもそも「湘南ベルマーレって!?」という方もいらっしゃるハズ。
そこで、ずばり、湘南ベルマーレの魅力について、湘南ベルマーレの広報担当で、もと湘南ベルマーレのプレーヤーでもあり、なんと、平塚育ちでもあり・・・、湘南ベルマーレのことを聴くにはこの方を置いてほかにいない!という、猪狩佑貴(いがりゆうき)さんにお話をうかがいました!

ずばり、湘南ベルマーレってどんなチームですか?

湘南ベルマーレは、「湘南スタイル」と言われるアグレッシブで痛快なサッカーをベースに、一人の選手に頼るのではなく、選手全員が攻守にわたり、ハードワークするところが魅力です。
最後の笛が鳴るまで攻撃の姿勢を崩さずに、常に100%の力を出して戦います。

猪狩さんも湘南ベルマーレの選手出身とのことですが、ベルマーレへの想いをお聴かせください!

私は平塚育ちで、小さいころから「ベルマーレ」が近くにあり、何度もスタジアムへ試合観戦に行っていました。小学生の時に活躍していたベッチーニョという選手に憧れて、「自分もこのスタジアムでサッカー選手として活躍したい」と思うようになり、プロを目指しました。
それから、ベルマーレのジュニアユース、ユースを経て、夢であったトップの選手になれました。
プロ3年目には目標であった、平塚競技場(現 ShonanBMWスタジアム平塚)で得点を決めることができ、人生で最高の経験になりました。
8年間のプロ生活の中で、様々な経験をさせてもらい、一昨年から湘南ベルマーレのフロントスタッフとして働いています。
今は広報という立場でベルマーレの魅力や情報を発信していますが、まだまだやれることがたくさんあると感じています。限界を作らず、自分らしく、元気で明るくベルマーレを盛り上げていきたいと思っています。

ホームタウン平塚で、カップルでベルマーレ戦観戦。おすすめの過ごし方はありますか?

試合日当日はキックオフ4時間前から様々なイベントがあります。
ベルマーレ名物の「フードパーク」は大人気です。
美味しいご飯を食べて、その試合のイベントも楽しんでから、試合を観戦していただけたらと思います。

「こんなところに注目すると、サッカーに詳しくなくてもサッカー観戦を楽しめる!」ということがあれば、教えてください!

サッカーのルールがわからなくても、スタジアムの雰囲気をまずは肌で感じてほしいです。
サポーターの熱い声、選手の躍動している姿は元気や活力を与えてくれます。
勝利時の選手、サポーターで行う「勝利のダンス」はなかなか普段では味わえない興奮があります。

これから湘南ベルマーレ戦を観に行く方々に、メッセージをお願いします!

ベルマーレはとにかくアグレッシブな試合を展開します。
スピーディーであっという間の90分間です。
まずはスタジアムの雰囲気を体感して、友達や初めて会うサポーターの方々と一緒に盛り上がってほしいなと思います。


平塚市総合公園を遊びつくす!

(1)スケルトンザウルス(2)ラッコ(3)手長(4)足長(5)七夕レリーフ

総合公園のご紹介

テレビの情報番組やドラマ、CMにも幾度となく登場している平塚市総合公園。上でご紹介した湘南ベルマーレのホームスタジアム、ShonanBMWスタジアム平塚(平塚競技場)や、「平塚のはらっぱ」、「ふれあい動物園」、「流れの広場」のほかにも見どころがたくさん。楽しみ方もいろいろです。
見どころとして、まずは日本庭園。散策に疲れたら、東屋で一休み。池をのんびり泳ぐ亀に癒されます。庭園の景色からは四季の移ろいを感じることができます。
そして、園内の野外ステージそばにはバラ園も。こちらも、春と秋には色々な品種のバラが見事な花を咲かせます。
散策の途中、お腹が空いたら、園内の「レストラン大原」で食事やスイーツをどうぞ!

楽しみ方はいろいろです

総合公園の楽しみ方はいろいろ。ここでは2つをご紹介します。
楽しみ方の1つめは、スポーツ観戦!園内には、ShonanBMWスタジアム平塚(平塚競技場)やバッティングパレス相石スタジアムひらつか(平塚球場)のほかにも、屋内体育館であるトッケイセキュリティ平塚総合体育館があります。これらの施設では、それぞれ様々なスポーツの大会が行われており、無料で観戦できるものも多くあります。例えば、県内高校生のバスケットボール選抜決勝リーグをトッケイセキュリティ平塚総合体育館で観戦したり(マンガ『SLAMDUNK』にもこの体育館をモデルとした試合会場が描かれています!)、大学野球の日本代表選考合宿の練習試合が平塚球場で観れたりします。
例えば夏休み。競技場でスポーツ観戦しながら夕涼み、なんていうのも粋な過ごし方かもしれません。(総合公園のホームページの「主な催し物」のページでスケジュールをご確認の上、面白いイベントを探してみてください!夏休み、イースタンリーグ(プロ野球の二軍リーグのひとつ。)の試合(有料)も予定されています!)

楽しみ方の2つめは、アートめぐり!園内には、ユニークなモノ((1)~(5))がいろいろあります。中でも(3)と(4)の銅像は、夫婦像である「伝説の巨人・手長足長」の銅像。手長が妻、足長が夫だそうですが、ちょっといかめしい表情でありながら、なんとも可愛いらしいカップルです。園内をぜひ探してみてくださいね。
また、前述のトッケイセキュリティ平塚総合体育館には、七夕の街にちなんだ七夕飾りのレリーフ((5))が刻まれていますので、ぜひデートコースに組み入れてみてください!


平塚市美術館でワクワク美術鑑賞!

平塚市美術館内ユニコーン

柔らかな光が降り注ぐ平塚市美術館では、季節に応じて2つの展覧会が開催されています。
独自の視点を交えた展覧会を開催し、根強いファンをもつ平塚市美術館。赤ちゃんからご高齢の方まで幅広いお客様に満足してもらえるよう企画された展覧会は、新たな発見にあふれています。
美術ファンでなくても楽しめる、練りに練られた展覧会をぜひ観に来てください!
館内エントランスでは、大きいけれど愛らしいユニコーン2体がお出迎え。この2体、カップルというわけではないそうですが、今日も仲良く美術館を守っています。
平塚市美術館のHPはコチラから

平塚市のその他のいちおしポイント

今回のモデルコースでご紹介したスポット以外にも、平塚市には見所がたくさん。
その他の見どころは、平塚市観光協会のページからご確認ください
また、約1,300種のバラや、さまざまなイベントが人気の花菜ガーデンにもぜひお越しください

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa