大山火祭薪能に行ってきました

掲載日:2019年10月21日

今回は大山火祭薪能に行ってきました。

大山火祭薪能は、大山に300年引き継がれ、大山阿夫利神社能楽殿で開催される神事芸能です。

小田急線伊勢原駅からバスで約15分。緑深い山道を抜けると、最寄バス停「社務局入口」が見えてきます。

能楽殿はバス停から徒歩2分程度。鳥の声を聞きながら緩やかな坂道を登ります。

能楽殿

 

大山の名水

開演まで少し時間があったので、能楽殿の近所を歩いてみました。

風に揺れるススキの穂が秋を感じさせます。

川沿いの道を進むと、大山名水を汲める場所がありました。

大山は別名を「雨降山(あめふりやま)」と呼ばれています。その名のとおり水が豊富な山で、きれいな石清水が絶え間なく流れています。

岩清水は汲むことができます。

 

 すすき 名水を汲める場所

大山の参道沿いに流れるのは鈴川です。赤い欄干が木々の緑に映えます。

 川と橋 

愛宕滝という小さな滝もありました。落差は5メートルほどでしょうか。

滝の水音が心地よく響きます。

 滝

 

こま参道

大山詣りで必ず通るのがこま参道です。

こま参道には362段の階段があり、踊り場ごとに大山こまをデザインしたタイルがあります。大きいこまが10段、そのほかは、それぞれのこまの数だけ階段の数を表しているそうです。

参道看板 

こま大 こまミニ

階段の途中にはお土産屋さんやお食事処があるので、自分のペースでゆっくり上ることができます。

参道のお店

 

夜の大山

10月の初頭とはいえ、夜の大山は風が冷たく、ひんやりとした空気が立ちこめます。

ダウンジャケットを着ている方もちらほらいらっしゃいました。

 とうろう

能楽殿では、かがり火が赤々と燃え上がり、パチパチと薪のはぜる音が客席まで聞こえてきます。

大山の大自然を背景に、幻想的な舞台が浮かび上がります。

厳かな薪能の舞を堪能することができました。

 夜の能楽殿

 

大山へ行こう

大山は江戸時代には年間20万人もの参拝客が訪れた強力なパワースポットで、「大山詣り」は歴史的・文化的価値が認められ日本遺産に認定されています。

また、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに「大山」が1つ星として、さらに「大山阿夫利神社からの眺望」は2つ星として紹介されています。大山阿夫利神社、大山寺も同時掲載されました。

これから紅葉が美しい季節になります。ぜひ一度、大山に足を運んでみてはいかがでしょうか。
詳しくはこちらのホームページをご覧ください。

https://www.city.isehara.kanagawa.jp/
(伊勢原市のホームページへ飛びます)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa