ひらつか海岸エリアの魅力アップチャレンジ2018をご紹介します!

掲載日:2018年7月30日

Summer has come!(夏が来た!)

皆さん、夏は好きですか?
筆者は夏が大好きです。と言っても、単に寒いのがキライというだけですけれど。
とは言え、今年はあっという間に梅雨も明け、連日の猛暑が続いています。こんな日が続くと、冷たいアイスやかき氷が恋しくなりますよね。
でも、そんな時こそ海。海岸にGO!ということで、各地で海開きが行われ、海水浴シーズンに突入しました。

今回筆者は、Feel SHONAN プロモーションイベントとして、湘南ベルマーレひらつかビーチパークの海開きに合わせて、ひらつかタマ三郎漁港のPRのため、出展されているブースの取材です。

湘南ベルマーレひらつかビーチパーク

7月14日(土曜)朝8時。平塚駅を降り、なぎさプロムナードをまっすぐに南下すると、湘南ベルマーレひらつかビーチパークに到着します。
この日も朝から雲一つない快晴で、すでにかなり危険な感じが。にもかかわらず、ビーチパークに常設されているビーチバレーのコートでは、すでに多くの人がビーチバレーに興じていました。

ビーチバレーの写真

 

 全部で10面のコートが常設されています。

 

 

 

 

 

 

また、この日は海開きも行われ、地元の三嶋神社の宮司さんをお招きして安全祈願祭が行われました。これから9月2日までの間、海水浴場が開設されます。

安全祈願の写真

 

 海の安全を祈願します。

 

 

ちなみに、神奈川県の海水浴場では、安全・安心で快適な海岸づくりを目指して、海水浴場ルールを定めています。決められたルールのもと、みんなが楽しめる海水浴場になるよう、ご協力をお願いします。

 

ブースが出展されていました

さて、今回のFeel SHONANのプロモーションはひらつかタマ三郎漁港のPRです。今回はブースが出展されていて、ビーチパークに来た人たちに、ちらしの配布などが行われていました。

出展ブースの写真

 

 あまり邪魔にならないよう、でも少しでも目立つよう工夫して・・・

 

 

 

 

 

 

出店ブースの写真2

 

 定置網にかかった魚を持ち込んで、魚の観察とタッチング。

 

 

 

 



 

生の魚を触る機会って、今はあんまりないんだって。
 

ひらつか海岸エリアの魅力アップチャレンジ2018では、これから来年の3月まで、漁業とマリンスポーツの魅力を楽しめるイベントを実施します。
ビーチスポーツ体験のほか、漁船の体験乗船や地引網、お魚観察会など、普段体験できないイベントです。

詳細は、平塚市漁業協同組合のホームページ(http://www.jf-hiratsuka.org/)をご確認ください。

 

※このブログに記載される情報は、特定の店舗・商品等を推奨あるいは品質保証するものではありません。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa