湘南江の島魅力アップ・プラン

掲載日:2020年4月23日

湘南江の島魅力アップ・プランの概要

江の島を核とした湘南海岸は、日本を代表する自然と歴史に富んだ景勝地であるとともに、マリンスポーツのメッカとして多くの方々が年間を通じて訪れ、親しまれています。

enoshima1   enoshima2

 今後もこの江の島周辺の賑わいを永続させ、さらにこの賑わいを湘南海岸一帯に広げていくため、「湘南江の島魅力アッププロジェクト推進会議」を設置し、湘南江の島の魅力アップに向けたプランづくりを進めています。

パブリック・コメント等も実施し、そのご意見等も一部反映した「湘南江の島魅力アップ・プラン」を、平成25年3月に策定しました。(平成30年3月一部改訂)

「湘南江の島魅力アップ・プラン」の概要は次のとおりです。

「湘南江の島魅力アップ・プラン」(PDF:451KB)

「湘南江の島魅力アップ・プラン」の取組のエリア別整理(PDF:215KB)

「湘南江の島魅力アップ・プラン」に基づく事業展開(平成30年度から33年度)(PDF:274KB)

1 主な取組

湘南港・湘南港管理事務所(江の島ヨットハウス)新築事業

昭和39年の東京オリンピックのヨット競技会場の拠点として竣工以来、マリンスポーツの拠点として多くの人々に親しまれてきましたが、老朽化が著しいために建て替えを行いました。

建て替えにあたっては、「開かれたマリーナ」をコンセプトに、市民や観光客も利用できるよう配慮するとともに、屋上に津波の一時避難場所を確保し、平成26年6月に供用を開始しました。

(江の島ヨットハウス)

enoshima3   enoshima4

稚児ヶ淵レストハウス改修事業ほか

長年、江の島を訪れる観光客の皆様に親しまれてきましたが、建築後50年以上が経過し、老朽化が著しいことから建て替えを行いました。

公衆トイレと、地上2階には展望デッキを備えたレストハウスとして平成27年11月に供用を開始しました。

(稚児ヶ淵レストハウス)

enoshima11

また、周遊観光船べんてん丸の船着き場をリニューアルするとともに、稚児ヶ淵レストハウスや岩屋へアクセスする歩道も整備しています。

いずれも平成26年5月に工事が完了しました。

(周遊観光船べんてん丸の船着き場)    (稚児ヶ淵レストハウスや岩屋へアクセスする歩道)

enoshima12   enoshima13

江の島島内の交通対策

江の島の入り口近辺にある「なぎさパーク駐車場」に駐車する車両が多く、江の島の奥にある駐車場に車が流れないことから、休日を中心に江の島大橋周辺の道路が渋滞していました。

こうした状況を踏まえ、渋滞のない江の島大橋を目指し、江の島大橋の3車線化を進め、令和元年8月に供用を開始しました。

(3車線化した江の島大橋)

enoshimaoohasi

また、平成26年3月には「なぎさパーク駐車場」を2層化しました。さらに平成27年9月には満空情報電光掲示板を3基設置しています。

(現在のなぎさパーク駐車場)           (満空情報電光掲示板)

enoshima14   enoshima7

江ノ電鵠沼駅を誰もが利用しやすい魅力ある駅へ整備

江ノ電鵠沼駅を、誰もが利用しやすく魅力ある駅にするため、エレベーターの設置工事と駅前広場の改修工事を行いました。

いずれも平成27年3月に完了しています。

(江ノ電鵠沼駅エレベーター)           (鵠沼駅前の改修)

enoshima8   enoshima9

2 今後の取組

観光資源としてのニエアル記念広場の有効活用

ニアエル記念広場のベンチに日よけの設置を検討します。

(ニエアル記念碑)

enoshima10

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa