ラディアン花の丘公園に行ってきました!

掲載日:2019年10月21日

二宮町のラディアン花の丘公園に行ってきました。
昼間はまだまだ暑い日が多いですが、時折吹く風には少しずつ秋の涼しさを感じます。

この時期、県内各地で彼岸花の便りが聞こえてきます。

今回は、二宮町のラディアン花の丘公園に彼岸花を見に行ってきました。

iriguchihana1

ふわふわ広場

公園の入り口を入ってすぐ、広い芝生が広がっています。

「芝生が気持ちいいからね!」と裸足で走り回る元気いっぱいな子どもたち。

ふわふわドーム(大きな風船を思わせる、トランポリンのような遊具)や滑り台が設置されているので、平日にもかかわらず、たくさんの親子連れでにぎわっていました。

遊具の近くにはテントが設置されています。芝生や遊具で遊びまわる子どもを見守りながら、大人はテントで待機できるので助かります。

 fuwafuwa

 

 

 

 

 

 

 

 

花の広場

芝生の中の緩やかな坂道を抜けて、彼岸花が咲く花の広場へ向かいます。

shiba1

坂道の途中にはコスモスなどが咲いています。

hana2hana1

きれいな蝶にも出会うことができました。

種類が分からないのが残念ですが、同じ種類の蝶を園内のいろいろな場所で見かけました。

choucho hana3

 

花の広場

higanbana3

花の広場に到着です。

少し時期が早かったようで、満開ではありませんでしたが、きれいな彼岸花を見ることができました。

彼岸花といえば「赤」のイメージですが、ラディアン花の丘公園では白や黄色の彼岸花も見ることができます。

白や黄色の彼岸花を見たのは初めてだったので、とても驚きました。

 

higanbana1higanbana4

 

園内を散策

彼岸花を楽しんだ後は、園内をのんびり散策です。

全長800メートル程度のアップダウンのある散策路を進みます。勾配が急なところもあり、いい運動になります。

木々の隙間から相模湾がちらりと見えます。

9月下旬でも蝉がたくさん鳴いていました。蝉の声を聞きながら自然豊かな園内を歩いていると、日々の喧騒を忘れ、ゆったりした気分になります。

sansakuro_kanban sagamiwan

sakamichi

 

二宮果樹園

ラディアン花の丘公園に隣接して、二宮果樹公園があります。

神奈川県園芸試験場の跡地を利用した公園で、梨、ブドウ、柿などの果樹を観察できます。

kajuennashinoki

ラディアン花の公園へ行こう

kakinokimurasakinohana

ラディアン花の公園では、彼岸花のほかにも四季折々の花が楽しめます。

ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。
詳しくはこちらのホームページをご覧ください。

https://www.town.ninomiya.kanagawa.jp
(二宮町のホームページへ飛びます)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa