幻想的な夜の大磯城山公園へ~もみじのライトアップ~

掲載日:2020年3月2日

昨年11月に、大磯町で「もみじのライトアップ」というイベントが開催されたことをご存じでしょうか。

令和元年11月22日(金曜)から24日(日曜)までの3日間、大磯町の県立大磯城山公園で、紅葉の見頃に合わせ、公園内にある不動池、もみじの広場、茶室「城山庵」がライトアップされました。

今回のブログでは、幻想的なイベントの様子をお伝えします。

 

夜の大磯城山公園へ

 

ライトアップということで、日が暮れてから大磯駅に到着。

あたりが暗くなった時間帯に大磯町に訪れたのは初めてで、なんだか新鮮な気分です。

大磯駅から大磯城山公園までは、バスで向かいました。

 

ライトアップ会場入口


こちらがライトアップ会場の入口(西門)です。
案内所が設置されており、会場の案内図をもらいました。

私が訪れたのは、日曜日の夜でしたが、中はたくさんの人で賑わっていました。

西門から続く小道の脇には、ライトアップされた紅葉が並び、足元には小さな灯篭がいくつも置かれていて、幻想的な雰囲気となっていました。

 

入口から続く道

 


2019年の紅葉は例年より遅かったそうですが、私が訪れたときには、公園内の木々は赤く色づき始めていて、ライトに照らされ、とても綺麗でした。

入口付近にもかかわらず、すでにカメラで撮影をしている人もちらほら。

 

ライトアップされた紅葉

 


期待を胸に、不動池に続く道を進みます。

 

不動池の紅葉に魅せられて

 

不動池に続く道の様子

 

会場では、竹林もライトアップされていました。

 

不動池までの道

 

 

 生い茂った木々の間を抜けていくと、

 不動池が見えてきました。

 

 

 

 


不動池にたどり着くと、目に飛び込んできたのは、ライトアップされた大きな紅葉の木々。

 

 

不動池の紅葉の木々

 

そして、思わず息を呑んだのが、鏡のような水面にくっきりと映る紅葉の姿です。

本当に美しい眺めで、時間を忘れて見とれてしまいました。

 

不動池のもみじ

 

 

竹灯篭とロマンチックな紅葉を発見!

 


北門付近では、竹林のライトアップが行われ、たくさんの竹灯籠が飾られていました。

 

竹灯籠

 


 こちらが竹灯籠。

 細かい装飾が施されています。

 

 

 

 

 


また、公園内には、こんな紅葉もありました。

 


ハートの紅葉

 

少し見えにくいですが、わかりますか?

アップにすると…

 

ハートのもみじ

 


なんとハートの模様になっています!とてもロマンチックですね。


普通に歩いていたら気付かず通り過ぎていたところですが、親切なガイドさんが教えてくださいました。

 

みなさんも大磯城山公園に訪れた際は、ぜひ探してみてください。

 

茶室「城山庵」でひとやすみ

 


散策して、程良く疲れたあとは、公園内にある茶室「城山庵」で休憩しました。

 

茶室

 


こちらの茶室では、ライトアップ期間中(23日、24日のみ)に、雅楽や津軽三味線等の演奏会も行われたそうです。

 

また、公園内のもみじの広場には、キッチンカーや模擬店が並び、そちらもたくさんの人で賑わっていました。


幻想的な紅葉に、にぎわう夜の大磯城山公園。大磯町の新しい一面をまたひとつ知ることができました。

もみじのライトアップは終了しましたが、大磯城山公園には、相模湾を一望できる展望台、大磯町郷土資料館、旧吉田茂邸等があり、いつ訪れてものんびりした時間を過ごすことができます。

大磯町に行った際には、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


大磯城山公園については、下記ホームページをご覧ください。
URL:http://www.kanagawa-park.or.jp/ooisojoyama/

(外部のページに飛びます)

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa